『Newton』 11月号:遺伝子研究と歴史ロマンス、異形の雲写真がスゴい!

0 件のコメント



Newton (ニュートン) 2011年 11月号 [雑誌]

ニュートンプレス (2011-09-26)



今月の第1特集は「DNA 『生命の設計図』の驚異の仕組みと働きを知る」。6・7月号は震災特集でしたし、8~10月号は宇宙関連、とマクロなテーマが続いていましたが今月はいきなりミクロ。生物学系の特集は個人的な趣向からするとイマイチそそらなかったりするのですが、読んでみるとやっぱり面白い。ヒトの細胞ひとつのなかに入っているDNAの長さは2メートル、というトリビア的知識からしてスゲー! と思いましたし、人体を神秘の小宇宙として捉えるむきは大変正当であるなあ、と感じます。





DNAの二重らせん構造が明らかになったのは、1953年。フランシス・クリックとジェームズ・ワトソンというイギリスの科学者によって、この構造を見つけたそうです。この研究のもとになったデータのなかには、モーリス・ウィルキンズとロザリンド・フランクリンという科学者によってもたらされたものでした。これらの功績により1962年にクリック、ワトソン、ウィルキンズの3名はノーベル賞を受賞しています。フランクリンは? というと彼女は、がんのため1958年に急逝してしまったのですね。ウィルキンズ-フランクリンの実験にはX線が使われていたそうですから、もしかしたらその影響があったのかもしれません(記事にその点の記述はありません)。戦後間もない頃、科学の発展に大きく寄与した女性科学者の存在にはドラマティックなものを感じてしまいますね。





巻末のほうのメディカル・トピックスには最新の遺伝子医療の成果が紹介されています。患者の免疫細胞を改造することによって、白血病(慢性リンパ性白血病)を完治させる、という研究結果について。個人的なことですが、私は祖父をまったく同じ病気で亡くしました。死んだのが80歳直前でしたから特別早く死んだわけではなかったですが、祖父の治療にこうした治療方法が実用化されていたら、祖父もまだ元気だったのかもしれないなあ~、と思うとなかなか感慨深い。そして、こうした研究成果の源流には早世したロザリンド・フランクリンの仕事もあるわけですから尚更感慨深いです。





第2特集は地震発生のメカニズムを、地球誕生時まで遡って説明するもの。プレートテクトニクス理論にもとづく地震のメカニズムについては、もはや常識の範疇ではないか、というレベルに達している昨今ですが、プレートがどのようにしてできたのか、について説明できる人となると数が激減するでしょう。液状化現象の仕組みと対策についても紹介されており大変興味深い記事です。が、その後の「異形の雲を追う」という特集がスゴかった! さまざまな不思議な形の雲の写真を説明つきで掲載した『ナショナル・ジオグラフィック』的記事ですが、とにかく写真がスゴすぎる! これはもうご自身で確認していただくしかないですが、自然スゲー! としか言いようがない。圧倒的です。





0 件のコメント :

コメントを投稿

Mário Eugênio/Contramão:ブラジリアン7弦ギター、超絶技巧によるジャンルの超越

0 件のコメント



CONTRAMAO
CONTRAMAO
posted with amazlet at 11.09.28
MARIO EUGENIO
TRATORE (2011-01-10)



マリオ・エウジェニオはブラジルの7弦ギター奏者で、ショーロ/クラシック出身の大変な名手だそうです(ビジュアルはちょっとブライアン・イーノに似ている)。『Contramão』は今年のはじめ頃に出ていた彼の通算4作目となるアルバム。たまたま気が向いて手に取ったのですが、なかなかの名品でした。ピンギーニャやジルベルト・ジル、そしてブラジルが生んだ大作曲家であるエイトル・ヴィラ=ロボスなどが取り上げられた彩り豊かな作品集。フィンガー・ピッキングのなかに強いタッピングやスラップが織り込まれた流麗なテクニックは、聴いていて「これは一体どういうジャンルの音楽なのであろうか」とよくわからなくなってきます。コードはたしかにブラジリア~ンで、サウダ~ジなしっとり感溢れたものですが、サロン風、ラウンジ風の穏やかさを超えて、文字通りアーティスティックな域へと達してしまう、とでも言いましょうか。7弦ギターの演奏を意識してきくのは初めてでしたが低い音が結構気持ちよいですね。






D





0 件のコメント :

コメントを投稿

菊地成孔・大友良英 デュオ @新宿ピットイン

0 件のコメント


今年で7周年を迎える菊地成孔の新宿ピットイン3デイズ。2日目の大友良英とのデュオを観にいく。この2人のそれぞれの演奏は何度も観てきているし、これまでの共演歴についても承知していたが、一緒に演奏しているのを観るのが今回が初めて。トークがメインに据えられているのではないか、と錯覚するほど終始和やかにすすめられたライヴだった。





トークのなかで菊地は「ただ聴いて、気持ち良くなって帰ってもらうこと」を意図している、と発言していたが、演奏にもその意図が反映されているかのよう。即興も大友の《ニュー・ジャズ》ライヴで観られる、下手したら切られてしまうような、張りつめた即興ではない。長く親交があり、手の内を知り尽くした共演者同士の対話、というか、上質な家具のような即興、というか。「こういうタイプの即興もあるのだな」と感心してしまった。演奏者と観客が互いに眉間にシワを寄せる表情をして、険しい緊張感のなかから音が生まれてくるのだけが即興音楽ではない。もしかしたらこれは、アート化からはズレた《ニュー・ジャズ》なのかもしれない。





前半のセットで長い即興と、短い即興を。最初は菊地がピアノで、フレーズ感の短いメシアンを彷彿とさせる音を放っていたのが印象的だった。これに対し、大友はEボウなどを駆使して多彩な音色を展開する。しかし、空間を埋め尽くすようなノイズはなく、淡く控えめに音が出され、消えていく。それは様々な大きさをしたピアノの音粒に対して、筆で色のラインを引くようなコントラストを描くようなイメージだった。短い即興で菊地がサックスに持ち替えると、饒舌な歌に対するギターの態度はまた変化する。





後半のセットでは、即興だけでなく、作曲作品も披露された(即興のテーマは『ブラジリアン』とのこと)。大友は2曲で、プリペアド・アコースティック・ギターを使用していたが、最初の曲は『デ・デュギュスタシオン・ア・ジャズ』の収録曲だったか。ヘレン・エリクセンの「Miles Davis」では菊地によるヴォーカルも披露されていた。これまで菊地のヴォーカルには複雑な気持ちにさせられることが多かったが、この日は良い気分で聴けたのが不思議(本人は風邪のためコンディションが良くなかった、と語っていたけれども)。それは大友のギターとの相性なのかもしれない。今年のアート・リンゼイの公演も、大友による歌モノの伴奏が素晴らしかったことを思い出した。





0 件のコメント :

コメントを投稿

菊地成孔・大谷能生 『M/D マイルス・デューイ・デイヴィスIII世研究』(下)

0 件のコメント



M/D 下---マイルス・デューイ・デイヴィス�世研究 (河出文庫)
菊地 成孔 大谷 能生
河出書房新社
売り上げランキング: 4801



『M/D』下巻は第二期黄金クインテットから電化マイルスを経て、引退、そして復活からマイルス・デイヴィスの死までを取り扱います。楽器が電気楽器化した「電化」というタームに対して、磁気テープによる録音テープの編集によって楽曲を制作する「磁化」というタームが導入され、マイルスがテオ・マセロと組んで(あるいは、テオ・マセロが勝手に編集したり)世に送り出した《魔法》にも触れられます。前半はマイルスのパーソナリティやアイデンティティへの言及が多かったですが、後半はそうして説明された「マイルスという人間観」に基づいた行動分析もより盛んになっている印象が。とくに復活後、セレブ化に成功し「ヒットチャート上位を狙って若作りをする還暦アイドル」として振る舞おうとするマイルスは、とにかくなんだか面白いオッサンとして扱われているように思われ、《伝説》とは言われながらも実にチャーミングな人間像が描かれます。この面白感は「マイルスの発展史=モダン・ジャズ史」という歴史観に対するアンチ効果もあるでしょう。伝説からマイルスが乖離することによって、マイルスは歴史の威光から上手く脱臼されていく、みたい。また、こうしたマイルスの痛い人間性が彼が背負った肉体的な痛みと併存している、という指摘も言葉遊びのようですが上手い表現だなあ、と。





復活後のマイルスの音楽は「何年寝かせても復活後のマイルスは聴けないのでは……」と思わせるものがあり、そこもこの本の鋭さになっているように思いました。再評価によって、いつの間にかニューウェーヴや80年代ポップスが聴けるようになること(耳にダサくなくなること)。こうした聴覚の変化を待つこと=寝かせることだと思いますが、マイルスの場合、あまりに独特なので同時代の音楽と同じように再評価されないのでは……と。今頭の中で「Time After Time」や「Human Nature」を再生しても、やっぱり、これはどうして良いかわからない……と思いますし。






D






D





(あれ、意外に平気になってるかな……)







  • 関連エントリ





菊地成孔・大谷能生 『M/D マイルス・デューイ・デイヴィスIII世研究』(上) - 「石版!」





0 件のコメント :

コメントを投稿

Milton Nascimento/ANOS 2000:旧譜についてもご紹介

0 件のコメント


diskunion: MILTON NASCIMENTO / ミルトン・ナシメント / ANOS 2000


「ブラジルの声」の異名をもつミルトン・ナシメント、この異名のインパクトに匹敵するものは「天下の台所」ぐらいしか思いつかないほど偉大なものですが、大らかで伸びのある彼の歌声を聴いてしまえば、この形容が少しも過剰なものでないことが分かります。カエターノ・ヴェローゾ、ジルベルト・ジル、ジョルジ・ベンといった同世代のブラジル人ミュージシャンが皆、都会のバイーア出身だったのに対してナシメントはミナス・ジェナイスという田舎のほうの町に育っています。このことからナシメントの歌声にミナスの自然を連想する向きもあるようですが、それもまた納得。





最近出た『2000 Ans』という一枚は、彼が2000年代に発表した他のミュージシャンとのコラボレート仕事を集めた編集盤。セルフ・カヴァーを含めたカヴァー曲が中心のセレクトとなっており、1曲目からジルベルト・ジルとの「Imagine」(ジョン・レノン)、最後に収録されているのが「 I'd Have You Anytime」(ジョージ・ハリスン/ボブ・ディラン)という名曲が揃っております。これが悪いわけがなく、もう、1曲目から鳥肌もののパフォーマンスを展開。途中で日本のアニソン・メロコアのような謎曲も入っていて苦笑してしまうのですが(なんだこれは、と)ナシメントと共演しているミュージシャンの歌声はどれも素晴らしく、ブラジルの歌手層の厚さに改めて感じ入ってしまいます。こうした編集盤がもたらしてくれる新たな出会いもまた貴重なもの。






ミナス
ミナス
posted with amazlet at 11.09.26
ミルトン・ナシメント
EMIミュージック・ジャパン (2008-05-14)
売り上げランキング: 141358



良い機会ですからナシメントの旧作名盤についてもここでご紹介しておきましょう。まずは彼の名を広く知らしめたソロ作『Minas』を。カエターノ・ヴェローゾやジルベルト・ジルと同様、ソロでブレイクする前にエリス・レジーナへの曲を提供した曲がヒットするなどミュージシャンとしての活動は盛んだったナシメントは、ウェイン・ショーターの『Native Dancer』へ参加した後、本作で大ブレイクした、と言われています。オーガニック感溢れるコーラスの冒頭から「おお……、これは雄大であるなあ」と思ってしまうのですが、中心となる内容はテクニカルなジャズ・ロック風の楽曲群。トロピカリズモのサイケデリアとはまた趣きを異とする硬派かつ、豊かな音楽を聴くことができます。そういえば、本作でもビートルズの「Black Bird」をカヴァーしているのですが、アレンジがすごすぎてカヴァーだとしばらく気づきませんでした。






Encontros E Despedidas
Encontros E Despedidas
posted with amazlet at 11.09.26
Milton Nascimento
Polygram Int'l (1990-10-25)
売り上げランキング: 95125



モノの本によればナシメントの作品にはアメリカの著名ジャズ・ミュージシャンが参加していることが多く、そのため彼が「ジャズ・ミュージシャン」と見なされることがあるそうです。この『Encontros E Despedidas』にはパット・メセニーらが参加。メセニーのギターは特徴的なコーラスがかったキラキラ系の音色ではなく、パッと聴いて「おお、これはすごいコラボレートであるなあ!」と気づいたりはしないのですが、深い叙情性……とでも言いましょうか、じわじわと染みいってくるセンチメンタルな雰囲気ではなく、一気に引き込まれる歌声の力が素晴らしいのですよねえ。同じアフロ・ブラジリアンのヴォーカリストではジルベルト・ジルも素晴らしいですが、彼のアポロン性とは違った深さがナシメントの声にはあります。それはもしかしたらブラジル的なブルーズ感覚、とでも言えるのかもしれません。






Crooner
Crooner
posted with amazlet at 11.09.26
Milton Nascimento
Wea (1999-06-03)
売り上げランキング: 247450



ナシメントの歌声を名曲カヴァーで堪能できるのは『Crooner』。制作年代を感じさせるリヴァーブや音色がまた素晴らしいのですが、本作での出色はマイケル・ジャクソンの「Beat It」でしょう。ナシメントの歌唱と英語が訛りすぎて歌詞が原詞どおりであることに気づけなかったのですが、アレンジと演奏の黒さ、リズムの跳ねは原曲を遥かに超えており、大変なことになっている、としか言いようがありません。よっ、ブラジルの声!





0 件のコメント :

コメントを投稿

パリへ #1

0 件のコメント


R0011168





長い休みがとれそうな雰囲気だったので2年連続2度目のハネムーン気分で妻と一緒にパリへ向かった。利用したのはH.I.Sの約16万円、ホテルで4泊、実質4日間の自由時間、という格安パック旅行。飛行機が中国南方航空だと知ってからの事前調査では悪評しかでてこなかったので不安になったが、そこはまったく問題なかった。中国人のCAさんの態度についてはたしかに日本のCAさんみたいにニコニコはしていないのだが、特別なにか問題があったわけではない。ムッツリした顔でやや雑なサービスも慣れれば、チャーミングに思えてくる。飛行機も普通。







R0011170





広州の空港で乗り継ぎ。





R0011174





R0011179





喫茶店の店員さん(やっぱりサービスはちょっと乱暴)はみんな少女時代みたいでかわいい。





R0011201





シャルル・ド・ゴール空港には朝9時頃についた。日本をでたのは16時ぐらい。





R0011204





R0011212





R0011221





あらゆるものがカッコ良く見えて、すっかり舞い上がってしまいシャッターを切りまくる。





R0011224





R0011232





R0011237





空港でドライバーと落ち合い(英語ドライバーのはずが、日本語ペラペラ)、VWのゴツい四駆(屈強な男性が3人ぐらい後部座席にのって女性を拉致監禁してそうな車)に載ってホテルへ。高速道路はやや渋滞していたが、車線変更がすごい激しくておっかなかった。100キロぐらいで1.5台分ぐらいの車間距離にどんどん割り込んでいく。





R0011243





ホテル近辺。パリ郊外で中心部へはメトロで30分ぐらいのところ。治安は見た目的にも良いとは言えず、朝から道端でビールを飲んでいる白人男性(たぶん失業者)や背の大きい黒人男性が無条件で怖い。





R0011251





R0011253





R0011261





エッフェル塔。周辺には土産物を売っている黒人がたくさんいる。そのへんの事情はイタリアと変わらないと思ったが、イタリアほどあたりが強くない。みんな全然やる気がない。売ってる品物は、エッフェル塔のキーホルダーとか。お土産屋さんよりも安かったりする。





R0011277





R0011283





R0011484





R0011504





R0011587





路駐されている車ではミニだの2CVだの500だの、小型自動車の名車が停まっているのが目に入る。いろんな旧車をみんなキレイに乗っている。この日はエッフェル塔(行列が嫌だったのでのぼらなかった)から少し歩いたところにあったカフェでお昼を食べる。妻はモーニング・セットみたいなもの(11ユーロ、クロワッサンにオレンジ・ジュース、コーヒーまたはショコラ・ショー)を、私はステーキ(12.9ユーロ、山盛りのフライドポテトとパンつき)とグラスでボルドー(5ユーロ)を。ポテトが異様に甘くてデザートみたいに美味しい。ポテトなど頼まないし、唾棄すべきジャンクフードだと思っているが、食べ尽くす。驚くべきことにどの店でもポテトが美味しいかった。日本でこんなポテトをだされたら、平均寿命が5歳ほど短くなり、高齢化にともなう社会問題がちょっとソフトになるのではないか。





R0011285





よくわからないが謎の平和っぽいモニュメント。この日は平和関係のイベントみたいなものをやっていたが、客がまったくいなかった。この付近には戦争で活躍した陸軍の偉い人たちをまつった通りなどもあり、平和への願いと戦勝国であるという主張が混在している印象。





R0011291





R0011294





コイツら全員、陸軍元帥的な人たち。





R0011299





なんの行列かと思ったら、学校で、お母さんが自分の子どもを迎えにきているところだった。





R0011308





いたるところに公園があり、疲れたら一休みできる。が、いたるところがネコ臭い。しかし、パリでは結局一匹もネコの姿を見ることはなかった(犬はたくさん見た)。土産物売りの黒人男性が夜になるとネコに変化して、いたるところに排泄している可能性がある。





R0011312





R0011313





ボン・マルシェ(パリの老舗デパート)。魅惑のブロードウェイ感に溢れている。





R0011316





R0011317





R0011318





R0011319





なんの因果であろうか、ボン・マルシェの地下ではブライアン・フェリーの回顧展らしきものが開催されていた。写真パネルの展示とともに、PVがプロジェクターに映し出され、轟音でブライアン・フェリー先生の音楽が流れている。パリが自分をトーキョー・ジョーとして迎えいれている、と思うことにした。





R0011333





R0011338





R0011340





R0011341





R0011345





ドゥ・マゴで休憩。大儀見元そっくりのギャルソンがいて半笑いになりながら、ジョイスやヘミングウェイに思いを馳せる。もはやここで作家が原稿を書く日などないであろう。





R0011346





R0011353





R0011354





サン・ジェルマン・デュ・プレ教会内部(ドゥ・マゴの目の前にある)。パリの教会はコンサート会場になることが多いみたいで、この日もコンサートの設営をおこなっていた(厳粛なムードなし)。どの教会にも第二次世界大戦時のレジスタンスに参加して亡くなった人たちや、第一次世界大戦時の少年兵(? フランス語の字面から推測したので自信無し)の名前がパネルになって飾ってあった。





R0011368





R0011369





R0011380





R0011379





R0011387





サン・シュルピス教会。新古典主義建築の萌芽ともなったパリで2番目に大きな教会とのこと。だが、内部にはいったときの「すげぇ」感はイタリア各所の教会に及ばない、という感想で妻と一致。なんか全体的に大味な印象がある。





R0011395





R0011397





R0011399





R0011405





R0011407





リュクサンブール宮殿。公園が広すぎてどこが宮殿だかよくわからないまま通り過ぎてしまう。この公園もやはりネコ臭かった。たわわな胸を実らせた美しいランナーや、ペットボトルのなかに砂をつめては別な砂場に運ぶ賽の河原的な一人遊びに興じる子どもの姿などが印象的。パリ市内では日本以上に市民ランナーが見受けられたが、走るフォームが体に悪そうな人が多く、これでは日本人の長距離選手に適うまい、と思った。





R0011432





R0011433





R0011435





R0011439





この日は移動の疲れもあったので(シャワーも浴びてなかったし)、このあとパンテオン・ソルボンヌ周辺を歩いたあと、メトロに乗ってホテルへ帰る。夕食は周辺のパン屋でサンドイッチとカンパーニュを購入(併せて6ユーロぐらい)。ボリューム盛りだくさんで美味しかった。ビールもとにかく安く、なんでも良いや、と喜んで飲む。ホテルはメトロの9番線沿い。これが格差社会の構図みたいな路線で、終点近くの郊外の駅では有色人種の人しか乗ってこないし、中心部になるにつれて白人が増えてくる。気がつくと回りの肌の色が変わっているのだ。お店も歴史がある感じのカフェは、キッチンが黒人の持ち場で、ホールは白人の持ち場、とすごく色分けが分かりやすい。





こんな感じでパリ初日が終わった。続きはまた今度。





0 件のコメント :

コメントを投稿