2011年に買った新譜を振り返る

0 件のコメント




  1. リッカルド・シャイー/J.S.バッハ《クリスマス・オラトリオ》 - 「石版!」

  2. 松平敬/トマス・タリス:40声のモテット《スペム・イン・アリウム》 - 「石版!」

  3. Alexandre Tharaud plays Scarlatti - 「石版!」

  4. 細川俊夫/フルート作品集 - 「石版!」

  5. OORUTAICHI/Cosmic Coco, Singing for a Billion Imu's Hearty Pi - 「石版!」

  6. OBA MASAHIRO/Still Life - 「石版!」

  7. 大滝詠一/ロング・バケイション(30th Edition) - 「石版!」

  8. 砂原良徳/liminal - 「石版!」

  9. 細野晴臣/HoSoNoVa - 「石版!」

  10. Steve Reich/2x5 Remixed - 「石版!」

  11. ZAZEN BOYS/赤とんぼ・東京節 - 「石版!」

  12. 庄司紗矢香/Bach & Reger: Works for solo violin - 「石版!」

  13. BATTLES/Gloss Drop - 「石版!」

  14. Caetano Veloso/MTV Ao Vivo Caetano Zii & Zie - 「石版!」

  15. Thurston Moore/Demolished Thoughts - 「石版!」

  16. Samalea & Kabusacki/Al Limite Del Mondo - 「石版!」

  17. Fernando Kabusacki/Luck - 「石版!」

  18. 面影ラッキーホール/typical affair - 「石版!」

  19. Adriana Calcanhotto/O Microbio do Samba - 「石版!」

  20. Caetano Veloso e Maria Gad�/Multishow Ao Vivo - 「石版!」

  21. Domenico/Cine Privê - 「石版!」

  22. Otomo Yoshihide Quartet/Donaueschinger Musiktage 2005 - 「石版!」

  23. Iceage/New Brigade - 「石版!」

  24. Qluster/Fragen - 「石版!」

  25. 山下達郎/Ray Of Hope - 「石版!」

  26. 大友良英/大友良英サウンドトラックス vol.1 NHK 向田邦子ドラマ「胡桃の部屋」 - 「石版!」

  27. Choro Club with Vocalistas/Takemitsu Songbook:極上に柔らかいアレンジで聴く武満のメロディ、そして言葉 - 「石版!」

  28. Steve Reich/WTC 9/11:ライヒ生誕75周年で大ネタを - 「石版!」

  29. Milton Nascimento/ANOS 2000:旧譜についてもご紹介 - 「石版!」

  30. Mário Eugênio/Contramão:ブラジリアン7弦ギター、超絶技巧によるジャンルの超越 - 「石版!」

  31. ケント・ナガノ指揮 バイエルン国立歌劇場管弦楽団:ブルックナー《交響曲第7番》:ブルックナーの豊穣を最新録音で - 「石版!」

  32. Wilco/The Whole Love:オルタナ・カントリーから次のステージへ - 「石版!」

  33. Hilary Hahn & Valentina Lisitsa/Ives: Four Sonatas:アメリカの実験音楽のパイオニアがアウトサイダー・ミュージックだったことを明かす楽曲群 - 「石版!」

  34. Maria Rita/Elo:硬質なサウンドとヴォーカルの力強さがすげー良いです - 「石版!」

  35. Lou Reed & Metallica/Lulu:どうしてこんな問題作が? どうして僕はこんなところに? - 「石版!」

  36. 松田美緒/Compás del Sur - 「石版!」

  37. 坂本慎太郎/幻とのつきあい方:地面から15センチ浮いてる感じ、良いですよこれは - 「石版!」

  38. Marisa Monte/O QUE VOCE QUER SABER DE VERDADE - 「石版!」

  39. yanokami / 遠くは近い - 「石版!」





今年もいっぱいCDを買いましたが、新譜については以上の39枚。たぶん過去最多枚数ですが今年はブラジルものにハマってしまい、ディスクユニオンの新譜情報にがっつり踊らされてた、というのが影響しているのでしょう。そんななか今年最も印象的だったものとして、こちらのアルバムを挙げさせていただきます。



武満徹ソングブック
武満徹ソングブック
posted with amazlet at 11.12.22
ショーロクラブ with ヴォーカリスタス
SONG X JAZZ Inc,. (2011-08-31)
売り上げランキング: 5337



9月にパリ旅行から帰ってくる飛行機のなかでこのアルバムを聴き、日本語の響きがとても柔らかく、優しく聞こえたことが記憶に残っています。言葉の響きがバンドリン、ギター、ベースの室内的な響きと調和して、今年の気分によく馴染んだような気もします。毎年10万枚ぐらい売れて欲しい大名盤。日本で活躍する素晴らしい歌手たちとめぐり会える一枚でしたし、コンサートも素晴らしかったです。





上記にあげたリストを眺めていると、今年買った新譜はどれも印象的なものが多い気がします。意外と暇だったのかな、普段よりじっくりと音楽を聴いていた気さえする。流れる時間の感覚はとっても速かったけれど、引き続き素敵な音楽とともに生活がしたいと思います。もちろん、そうした喜びを享受できる幸福を確認しながら。





0 件のコメント :

コメントを投稿