佐藤広一 『泣きたくないなら労働法』

0 件のコメント
泣きたくないなら労働法 (光文社新書)
佐藤広一
光文社 (2011-11-17)
売り上げランキング: 47,412
お仕事で労働法についてちょっと整理しておく必要がでてきたため読む。著者は社会保険労務士の先生。2011年に出た本なので(まだ民主党政権下だ)ほんのちょっと古い情報も混ざっているけれども、おおむね分かりやすくて良い本。想定読者は「いきなり人事部に異動になった人」とか、今現在就職活動をしていたり、これから働き始める人とかなんだろうか。働いて賃金をもらう、という仕組みが法律上どうなっているのか、というのがザックリとサクッと把握するにはちょうど良い感じ。「残業代」ってどういう性質のものなのか、とか普通気にもならない話もちゃんと理解しておくとなかなか面白いし、現在の労働基準法は戦前の工場法を元に作られた、というのも「なるほど〜」となる知識だった。

0 件のコメント :

コメントを投稿