首都を歩こう《Tokyo Walkers》第5回 ちい散歩よ永遠に、ハードコア川崎から羽田へ……の巻(川崎-羽田)

0 件のコメント
R0012068

毎度おなじみ流浪の散歩グループ《Tokyo Walkers》第5回が2012年6月30日に開催されました。今回は、JR川崎から羽田空港まで練り歩く約10キロの道のり。急逝した地井武男さんに思いをはせながら歩きました。





R0012069

R0012075

天気は驚くほどの快晴。じんわりとした蒸し暑さがつらかったものの、時折強い風がそのつらさを拭ってくれるのが心地よかったです。

R0012077

川崎市役所の前には工業都市らしい電光掲示板が。

R0012085

駅から少し離れただけで、川崎のハードコアな部分が嫌でも目に入ってくる。整備された並木通りを歩いていたはずが、どうして僕はこんなところに……。迂闊にカメラのレンズを向けることすら叶わない深淵がさらにこの先には広がっていました。

R0012087

R0012086

R0012088

R0012089

R0012090

そう、そこは吉原に次ぐ関東第二のソープランド街、堀之内。国道沿いを歩いているだけでも目に入ってくる看板の怪しさは通常とは違う重力を帯びているようで、勇気のない人たちはカメラを遠慮がちに向けることしかできない。ソープランドの前に立つ、蝶ネクタイをつけた男性、そして、その前に止められたメルセデスの迫力たるや、深淵を覗き込むような心地にさせられるのです。信号待ちのあいだにふと隣に立ったおじさんの腕に目をやるとそこにはご立派な彫り物が。もちろんそれを撮影することなどままなりませんが、特異な重力は記憶に深い傷のような印象を残します。

R0012095

R0012097

欲望のうごめきは、川崎競馬場という聖地のなかで煮えたぎり、幸運によって欲望を延命することができたものたちが吸い込まれる場所として、堀之内があるのでしょう。それにしても南武線沿いは府中の競馬場・競艇場、川崎の競馬場・競輪場、となにか人間の情念のようなものが活発になりそうな路線であって、いつ硫黄と火によって滅ぼされてしまうのかわからない。

R0012102

R0012103

R0012105

しかし、川崎は人間の生活、というものをまざまざと見せてくれる都市でもあり、それはまさにカルマを堂々と見せつけられる空間であるとも言えるのです。勇気を出して国道沿いから一本内側の道路に入ってみると、すぐにインダストリアルなものが目に入り、文明のにおいがしてきました。

R0012107

R0012109

R0012110

これが川崎なんだ。

R0012114

R0012115

R0012116

R0012118

そしてこれが味の素なんだ。鈴木町駅は、昭和4年に「味の素前駅」として開かれた歴史があるそう。会社のために駅が存在しているというのが超一流企業っぽい。

R0012124

R0012123

R0012125

R0012126

歩いたらすぐに川崎大師駅につきました。それにしても、この表参道の入り口看板はアド街感があふれてきそうだ! おまっとさんでした、お前も、アナタの街の宣伝部長にしてやろうかっ!

R0012128

R0012129

R0012132

宣伝部長になる前に暑かったのでビールを飲みながら、うどんを食べたり、名物の久寿餅を食べたりしました。住吉屋総本店さん。さて、ここからが本番です。

R0012134

いろんなサイズ、揃えています。第6位、だるま屋。(山田五郎)「そもそも川崎大師は、真言宗のお寺さんなのに、どうして達磨が有名なのか……謎ですねえ」

R0012136

R0012137

R0012140

(トントントン、カッ)リズミカルな商店街です。第5位、仲見世商店街。(峰竜太)「あとで出てくると思うんですけど、飴作りの実演販売をしてるんですね。かなりお年を召した職人さんが手早く飴を切っていくのを見ると歴史を感じますよ」(山田五郎深くうなづく)

R0012149

地井さんもいらっしゃってました。

R0012143

R0012144

R0012145

疲れたので普通に紹介していきますが、川崎大師の本堂にお参りしたところ、ちょうど護摩行がはじまり、ド迫力のお経パフォーマンスを見ることができました。真言宗は密教の直系ですから儀式がかなり派手。和太鼓が激しく打ち鳴らされ、鳴りモノが響きまくる様子から音の曼荼羅をイメージしてしまう。

R0012151

R0012152

お参り後、川崎大師表参道の商店街を再び進みます。

R0012155

R0012156

R0012157

R0012158

R0012159

R0012160

途中でまた川崎のハードコアを垣間見せられるスポットに寄り道。ネオジオ筐体がたくさん置いてあったゲームセンターは『1973年のピンボール』を彷彿とさせます。メンバー一同、無言で通り過ぎました。

R0012162

R0012164

R0012166

商店街の終端。看板が歪んできている建物が多々見受けられ、怖い。

R0012169

R0012176

R0012180

R0012181

大師ジャンクション。料金所の下などはなかなか見れないモノであります。「歩かなければ見えない風景がある」(新しいキャッチコピー)。

R0012186

R0012189

R0012193

R0012195

R0012198

R0012201

多摩川を渡ると羽田空港までのバス通りを進みます。ここも一歩通りを外れるとすごい濃い生活空間が広がっているところだった。

R0012208

R0012209

R0012211

R0012212

R0012213

R0012215

R0012216

海だ、と思ったらまだ多摩川だった。

R0012221

D滑走路が丸見えです。

R0012222

R0012223

R0012225

R0012226

男前な写真

R0012230

R0012239

ゴールはもうすぐそこ。

R0012241

なぜか魚のしっぽが落ちていてホラー。

R0012244

R0012247

R0012249

R0012250

R0012252

着きました。

R0012256

R0012254

キッチュ感覚にあふれるお土産コーナー。

R0012258

着きました。

R0012260

R0012262

おつかれさまでした。

R0012264

R0012266

R0012270

(おなかが減りました)

R0012274

R0012275

R0012276

R0012280

R0012281

蒲田に移動して餃子の有名店「你好」でビールを飲みました。美味かった。

R0012282

そしてまた歓楽街を通って帰ります。以上、活動報告でした。

さて、いつもの新規メンバー募集です。流浪の散歩サークル《Tokyo Walkers》では随時新メンバーの募集をおこなっております。職業・経歴・年齢などを問いません、普段は歩かないところを歩きながら和やかに会話したりすることに興味がある方、各イベントの参加はその都度任意ですのでお気軽にFacebookのグループに参加申請を出してみてください。システム・エンジニア、医学生、デザイナーなど、多様なメンバーでお待ちしております。次回は、暑さが和らいできた頃に川越あたりを歩く予定です。なんか今回も東京始まりじゃなかったので、名実がともなってない感じがしますが、行ったことないところ、見たことないものを今後もさぐっていきますよ。

0 件のコメント :

コメントを投稿