鶴蒔靖夫 『保険の流通革命: 驚異の成長を続ける日本最大級の保険代理店の挑戦』

0 件のコメント
保険の流通革命―驚異の成長を続ける日本最大級の保険代理店の挑戦
鶴蒔 靖夫
IN通信社
売り上げランキング: 248,266
日本最大の来店型保険代理店(いわゆる保険ショップ)を運営している、ライフプラザホールディングスの提灯持ちのような本。日本における生命保険の販売チャネルは、これまで営業職員(a.k.a 『保険のおばちゃん』)か、あるいは通販の2種類で占められていた。これに割って入ったのが、保険ショップとネット販売で、本書はそのうち保険ショップがこれまでの営業職員チャネルと比べてどれだけ消費者目線で、素晴らしいのか、そして人材育成術が優れているか、を大々的に宣伝している。読んでるとライフプラザホールディングスからいくらもらっているのか……と調査したくもなるし、途中で「保険の歴史」でページ水増しをおこなっているなど、なかなかヒドい内容だし、褒めそやされている人材育成術についても、いろんな自己啓発本のネタを混ぜて薄めたような内容なので、保険業界関係者以外はほとんど読む価値なし。とはいえ、散々に言われている営業職員チャネルと、大絶賛の保険ショップとの比較は、的を外しまくったものではないように読める。

0 件のコメント :

コメントを投稿