キリンジファン必携! オーディオ・コメンタリーを含めてフル・ヴォリュームのライヴ作品!(キリンジ / KIRINJI TOUR 2013~LIVE at NHK HALL~)

0 件のコメント
KIRINJI TOUR 2013~LIVE at NHK HALL~ [DVD]
日本コロムビア (2013-09-25)
売り上げランキング: 281
2013年のツアーを最後に堀込泰行が脱退したキリンジ、そのツアー千秋楽を記録した映像作品である。いやあ、これはもう素晴らしい。「最後だから兄の楽曲を多く選曲した」とは映像特典のドキュメンタリーでも語られていたが、MCはほぼすべてカットになっていても3時間超というむちゃくちゃ濃密な音楽的空間をお茶の間で楽しめるのだから、ファンのみならず、初めてキリンジを聴く方もね、ここから「おお、こんな難しい曲をよくライヴでやっているな……」と驚いたりしながら観てほしいものである。

楽器が上手いおじさんと、歌がギリギリなおじさんが、ハチャメチャに難しい楽曲を演奏しまくる……という渋い内容ではあるが、そこが良い。こんなに難しい曲ばかり(実の兄に)歌わされてたら、脱退したくもなるのでは……という感じもするし、そのあたりが、理屈で音を組んだ結果、主にヴォーカルだけれども肉体的な限界ギリギリまで使ってライヴをやっていたのだなあ、と感心する。

ライヴ副音声のオーディオ・コメンタリーも超重要。ライヴ本編が3時間超なので、まず主音声で観て、それから副音声も聴くとなると合計7時間近くかかるというまるで間章のドキュメンタリー映画のごとき長さだが、むしろわたしはこのコメンタリーが聴きたくて買ったぐらいである。ここでは堀込兄弟とツアー・バンドのメンバー、それからスタッフがビールを飲みながら語っているのだが、最後だし、ミュージシャン同士で楽曲について様々な解説をするのかと思ったら、音楽・楽器好きのおじさんたちがほぼダラダラ話しているだけ……という最高っぷり。

弾いているギターの製作年だったり、ゲイリー・ムーアのピッキングだったり、兼業ミュージシャンについてのトリビアだったり、リットー・ミュージックが出してる雑誌読者が好きそうな話ばかりが展開され大爆笑しながら観てしまった。ツアー・メンバーとともにDVDを観ている気分になれるし、あと、楽曲のアレンジの苦労話も面白い。「コーラスをどういう風に分けるかも難しかったよねえ」とか、そういう話のほうがコメンタリーらしいんだろうけれども、マジメな話の方がオマケっぽい。でも、やっぱり最後はしんみりしちゃうのだから、また良い内容になっているのだなあ。

0 件のコメント :

コメントを投稿