田崎真也 田中康夫 『ソムリエに訊け』

0 件のコメント
ソムリエに訊け (幻冬舎文庫)
田崎 真也 田中 康夫
幻冬舎
売り上げランキング: 284,070
昨年は伊丹十三を集中的に読む年だったが今年は田中康夫を掘っていきたいと思っている。といっても新刊で買うのはアレなので、ブックオフで見つけたら読む、というユルいスタンスで。栄えある1冊目は日本を代表するソムリエ、田崎真也との対談本。単行本はが発刊されたのは1993年、元々は1988年から田中が発行していた「会員制雑誌」で進行していた企画だったとのこと。ちなみに田崎真也が「世界最優秀ソムリエコンクール」で優勝したのが1995年だから「田中康夫、やっぱり時代を先駆けすぎてるな」という感じがビンビンに伝わってくる。ソムリエという人々を一般に知らしめたのも、田崎真也のソムリエ世界一以降だったと思われるし、日本ソムリエ協会が初めてソムリエ呼称資格認定試験を実施したのも1985年のこと。ヨーロッパのワイン文化が日本で育とうという黎明期に、ほとんどオンタイムでこういう本を書いていたのだから、驚くばかり。個人的には、伊丹十三によるアボカドの紹介ぐらい驚いた。

20年以上前の対談を元にしているのだから、今「ワインを学ぶ/知るための本」としてはどうなんだろう、という部分もあると思う。語られるのはフランスのワイン中心で、イタリアとアメリカがほんの少し、スペインのカヴァなんかも一言二言みたいな感じで、南米や南アフリカ、オーストラリアといったニュー・ワールドへの言及は一切ない。低価格高品質ワインが日本に入ってきたことで、ワインのカジュアル化は相当に押し進んだと思う。だから、この本は、それ以前の世界の話、と言って良いであろう。もっともそのカジュアル化というのも、ワインの世界にカジュアルな地区ができた、というのが正確なところで、高級で、オシャレで、難しい地区、ラグジュアリーな食文化としての領域は、20年以上前とあんまり変わっていない。だから、その辺はまだまだ有効な本なのだ。

「習うより慣れろ、学ぶより飲め」と冒頭で田中康夫は書いている。そこだけ初心者に優しい感じなのだが、その後の対談は最初からかなり飛ばしている。教科書的な記述をあえて避けているというのがあるのだけれども、まあ、いきなりこれ読んでもペダンティックで暗号のような本にしか読めないだろう。田崎真也も「原則として、ワインが料理を殺すことはない(だから自由にワインを選んで良い)」と言いながら、ワインと料理の「合う組み合わせ」を無数に提案している。不正解はないが、無数に正解は存在する……ボルヘスの小説みたいな話だと思う。「女の子にカッコ良いと思われるワインの頼み方」だとか「ソムリエに『ワイン通』と思われるためには」だとか、かなり下世話なことも書いてあるのだが、「ワイン深すぎるだろ」という恐ろしい世界の片鱗を味わうには格好の一冊だ。

わたしもこれ読んで、あー、ワイン通とか無理だわ、と思ったんだけれど、自分で極める必要も全然ない。思うに、ソムリエと会話ができるようになる(ソムリエに自分の好みや、その場にあったワインを選んでもらえるようになる)、という能力があれば、十分なのだ、普通は。まさに「ソムリエに訊け」だ。この本も田中康夫がもっとワインについて全然知らない人として登場してきていたら、格好の「ソムリエ会話入門」になっていただろうが、ちょっと高度すぎるな……。最高に面白い本ではあるんだけれども。

0 件のコメント :

コメントを投稿