石橋純(編) 『中南米の音楽: 歌・踊り・祝宴を生きる人々』

0 件のコメント
中南米の音楽―歌・踊り・祝宴を生きる人々

東京堂出版
売り上げランキング: 364,990
(いわゆる)ワールドミュージックを聴く、というのは単に音楽だけを聴いて楽しむだけではなく、音楽から(歴史も含めた)文化を、文化から音楽を読み解く、というある種、学究的な楽しみがあると思う。ここ数年、南米の音楽を継続的に聴いていて、とくにそれを感じていて、原住民の、ヨーロッパからの、アフリカからの音楽・文化の複雑な混合がわかる瞬間はなかなかに楽しい。単なる蘊蓄に過ぎない、と言ってしまえばそれまでだけれども、音楽とテキストは、ワールドミュージックを聴くうえで切り離せないものになってしまっている。だから、単なるディスク・ガイドのようなものではなく『中南米の音楽』のような本はありがたい。

本書がとりあげる中南米の国々は、メキシコ、キューバ、ジャマイカ、ベネズエラ、ペルー、ボリビア、ブラジル、アルゼンチンと多岐に渡っているけれど、それぞれの国ごとに書かれ方や取り上げられ方が異なっている。ブラジル、アルゼンチンの音楽はそれぞれ、ボサノヴァ、タンゴが有名だけれども、ここではそうした既によく知られたものではなく、ブラジルの田舎(風)音楽であるムジカ・セルタネージャや、独裁政権下におけるアルゼンチン・ロックについて記述されている。ここから都市の音楽であるサンバやボサノヴァとは違ったブラジル音楽の深さを知ることもできるし、また、1976年(パンク誕生の年だ)のペロン失脚後の悪夢のような市民への弾圧のなか歌われたロックとその意味は、今日のアルゼンチンのポップ・ミュージックを聴くうえでも重要なものになるだろう。

知られざるものを明らかにする部分では、ベネズエラ、ペルー、ボリビアの音楽の紹介が輝いている。なかでも個人的にはベネズエラの章を読んでいて「コーヒールンバ」がこの国発祥の楽曲であることを知って大変に驚いたのだった(大体ルンバってキューバ発祥だし。しかも私が一番馴染みのある井上陽水によるカヴァーは、ダブ的なアレンジになっているので余計に国籍がわからない)。

ほかにベネズエラの音楽では、70年代に活躍したビタス・ブレネルが気になった(上の動画。音楽の本を読んでいて、こんな風にすぐ音楽にもアクセスできるって素晴らしい時代だ)。伝統のリズムとプログレッシヴ・ロックの融合(ヴァンゲリスみたいである)が衝撃的に良い。

また、文化史的なものでは合衆国におけるラテン文化とサルサや、合衆国とメキシコのボーダーにおけるチカーノ文化の紹介が面白いし、ダブをとりあげる章はダブの音響と編集のポストモダン性を指摘する「批評らしい批評」となっていて読み応えがあった。

0 件のコメント :

コメントを投稿