ハーマン・メルヴィル 『白鯨』

0 件のコメント
白鯨 上 (岩波文庫)
白鯨 上 (岩波文庫)
posted with amazlet at 15.08.24
ハーマン・メルヴィル
岩波書店
売り上げランキング: 9,812

白鯨 中 (岩波文庫)
白鯨 中 (岩波文庫)
posted with amazlet at 15.08.24
ハーマン・メルヴィル
岩波書店
売り上げランキング: 21,447

白鯨 下 (岩波文庫 赤 308-3)
ハーマン・メルヴィル
岩波書店
売り上げランキング: 25,416
ホメロスに引き続き、読んだことなかったクラシックに触れるシリーズで『白鯨』を読んだ(書影は岩波文庫の新訳版ですが、読んだのは古い方の阿部知二訳)。この本については読む前から「モビィ・ディックがなかなかでてこない」「クジラに関する博物学的な記述に溢れてる」「すげえ脱線しまくる」という情報は知っていた。もはや「エイハブ船長とモビィ・ディックの死闘のイメージを持たれがちだが、実はそうじゃない」ということが周知されているから「エイハブ船長とモビィ・ディックの死闘のイメージを持つ人」が少なくなっているんじゃないだろうか。で、読むのがキツそうだな、と思って読み始めたんですよ。でもさ、意外に(?)面白くてビックリしちゃったね。いや、普通に面白いじゃんか、『白鯨』、なんだよ、ビビらせないでよ、と思っちゃったわたしである。

特に序盤、語り手がイシュメイルが捕鯨船に乗るまでの話。イシュメイルが刺青だらけの南方土人と偶然出会って義兄弟的な契りを結ぶあたりのエピソードは、セルバンテスやラブレーの作品で語られるバカ話のような朗らかさがあって笑ってしまった。そりゃあ、延々とクジラの分類だとか、船の上での振る舞いとか、クジラの生態に関する学術的な考察が続くところはたしかにキツいんだけれど、その記述自体が面白い。アリストテレスに、プリニウス、アルドロヴァンディやキュヴィエといった名前が登場してくるところには、特別興味を惹かれた。メルヴィルは19世紀の人だけれども、この当時にアルドロヴァンディを参照する(しかも『白鯨』を発表した時はメルヴィルは32歳だ)って、普通のことなのか、それとも珍しいことなのかが気になってくる。経済的に恵まれた環境で執筆していたわけではないのに、よくこういうものが書けたな……(しかもインターネットも当然ない)という単純な関心も起こる。

あと、エイハブが壊れた羅針盤を直すくだり。エイハブは狂ったテンションで鉄を叩いて、磁性を与え、新しい羅針盤を作り出すんだけど「え、そんなことって当時から知られてたの!?(この現象について、わたしは、でんじろう?とかゲンゴロウ?とかそういう名前の先生がでてるテレビ番組で知っていた)」と驚いてしまった。調べてみたら、磁石の会社のホームページに「磁石の歴史」というコーナーが見つかる。このサイトによると1600年にイギリスのウィリアム・ギルバートが『磁石論』という本をだしていて、鉄をハンマーで叩くことで磁石を作る方法が紹介されているらしい(そういえば、アタナシウス・キルヒャーもデビュー作は磁石に関する本(1631年)だし、なんか色々繋がってしまうな……)。こういうところを拾い上げていくと『白鯨』ってSFじゃんか、と言えなくもない。

小説のテクストのなかに、異質なものが混入している、それどころか異質なテクストのなかに小説が混じっているような本だと思うんだけれど、セルバンテスやラブレーとか読んでいると、それほど特異なものとも思わない(こういうものを書いていたら、そりゃあ生前には評価されないわな、ということはわかる)。これってすごくルネサンス的な小説なんですよね。今回読んでみて、それがピンチョンにも受け継がれていることを肌で感じ取ることができた。

0 件のコメント :

コメントを投稿