ピエール=ロラン・エマール来日公演曲目決定!

0 件のコメント



バッハ:フーガの技法
バッハ:フーガの技法
posted with amazlet at 08.04.21
エマール(ピエール=ロラン)
ユニバーサル ミュージック クラシック (2008-01-23)
売り上げランキング: 3727



 家に帰ってメールボックスをあけてみたら梶本音楽事務所からメールが届いていました。今年の夏に来日するフランス人ピアニスト、ピエール=ロラン・エマールの公演プログラムが決定したそうです。以下にメールを引用。



J.S.バッハ:フーガの技法 BWV 1080から 


 コントラプンクトゥスI/3度の対位における10度のカノン


カーター:2つのダイヴァージョン


J.S.バッハ:フーガの技法 BWV 1080から 


 5度の対位における12度のカノン


 反進行における拡大カノン


メシアン:「8つの前奏曲」から


 第2曲 悲しい風景の中の恍惚の歌


 第5曲 夢の中の触れ得ない音


 第8曲 風の中の反射光


J.S.バッハ:フーガの技法 BWV 1080から 


 コントラプンクトゥスX/コントラプンクトゥスXII.1


 コントラプンクトゥスXI/コントラプンクトゥスXII.2


 コントラプンクトゥスIX(12度における)


ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第31番 変イ長調 op.110



 これは……ものすごい充実っぷりです。本当に一晩で受け止めきれるか不安になるぐらい濃いプログラム。先日発売されたバッハの《フーガの技法》はもちろん演奏されますが、他にベートーヴェンの晩年のピアノ・ソナタを持ってくるあたり、さすがという感じがします(晩年のベートーヴェンは《フーガの技法》のスコアを死ぬほど読み返していたらしい。そのつながりでしょうか?)。


 それからエリオット・カーター(アメリカの作曲家)とオリヴィエ・メシアンという今年生誕100年を迎えた作曲家の作品も名前があがっています。もうなんか、聴く前にお腹いっぱい!


 ちなみにエリオット・カーターはまだご存命。カーターとレヴィ=ストロース(彼もまだ生きてる)とメシアンとカラヤンとルロイ・アンダーソンと朝比奈隆が同い年っていうのがすごいなぁ。



D


 こちらはニューヨーク・フィルハーモニックの公式Youtubeアカウントがアップしているエマールのインタビュー映像。





0 件のコメント :

コメントを投稿