荒木飛呂彦 『スティール・ボール・ラン』(24)

0 件のコメント





かつてないほどに傷だらけの物語になってしまった感があるけれど、堂々の完結と言ってよいのでしょう。最終決戦として用意されたジョジョ対ディオの対決は、この長いロード・コミックがジョジョ第三部の変奏・語り直しであったとも捉えられそう。いつだって物語の終わりは寂しい。





0 件のコメント :

コメントを投稿