eX.17 ジャチント・シェルシ《山羊座の歌》完全版日本初演 平山美智子を向かえて @杉並公会堂 小ホール

0 件のコメント


ロック・ミュージシャンで高齢の人、といえばローリング・ストーンズとかポール・マッカートニーとか60代後半の人たちがいて、そうした人たちが元気に活動しているのを見ると「すげえなあ」と思ってしまいますが、まあ、ロックなんかたかだが半世紀ほどの歴史しかない音楽、クラシックの世界はその軽く6倍は歴史がありますから、もっとすごい人がおります。声楽家の平山美智子、御歳87歳などはその代表格たる存在でしょう。声楽家の方にお話をうかがったところ、自らの声帯を音楽のよりどころとする声楽家の方々には肉体的な寿命があるそうで、早い人では30代で声を潰してしまう方がいるそうでございます。そうした世界のなかで80代で現役でおられる、というのは「現役でいるだけでスゴいこと」なのだそうです。平山美智子、御歳87歳は、前衛音楽家としても間違いなく最高齢の人でしょう。本日のeX.はそういう立ってるだけでレジェンド、みたいな人が出演した演奏会でした。作曲家、川島素晴・山根亜季子による現代音楽コンサートシリーズ「eX.」については、過去こんなエントリも書いていました。よろしければご笑覧ください。




ジャチント・シェルシという作曲家は、いまでこそスペクトル楽派に影響を与えたことで有名で、イタリアの20世紀音楽のなかでも非常に目立った存在として知られていますけれど、でも、彼の作曲スタイルは批判されておるのですよね。シェルシは元貴族のお家に生まれてお金には困らなかったんで、自分が即興で弾いた演奏を録音しておいて、それをサポーターに記譜させたりして、それが「えーっと、それは作曲行為と呼べるのかいな?」と問題になったそうでございます。シェルシが平山のために書いた作品《山羊座の歌》にしてもシェルシと平山とアシスタントの人が協力して作業を進めていき、今日の形となった作品とのこと。《山羊座の歌》は出版された譜面がある楽曲でありながら、正典は平山がもっているいろいろ変えていった版であるそうで、ある意味、門外不出の秘儀伝授、みたいな楽曲なわけです。だからもはや正統的な《山羊座の歌》の演奏は平山にしかできないというクローズドな状態になってしまっている。この点ももしかしたら批判されてもおかしくない点なのかもしれません。





そうした楽曲の性質、そして演奏する人間の性質からしても今回の演奏会が特別なものにならないはずがない。87歳といえば私の祖母より高齢ですから、そういう人が一時間ほどの《山羊座の歌》を休憩無しの通しで演奏する、というのはもはやちょっとした虐待なのでは、と思わなくもないですが、ありがたいものを観てしまった、という感じがしました。そのありがたさは文字通り、《在り》《難い》もの、であって、どうしてもそういうオーラ(アウラ)をまとってしまう。ベートーヴェンの晩年の作品が纏うオーラをアドルノは批判していますけれども、致し方なくオーラをまとってしまうことがあるのだな、と思いました。曲順を間違えたり、ゴングを素手で叩いているときに腕につけていたアクセサリがゴングに当たってしまい「マズい!」と思ったのか、演奏しながらおもむろにアクセサリをはずしてたり、年齢を感じさせるチャーミングな点がいくつもありましたが、それも致し方ないのであろう、と。歳を取って得るものもあれば、失われるものもあるのですから。



Canti Del Capricorno
Canti Del Capricorno
posted with amazlet at 11.06.04

Wergo Germany (2010-05-11)
売り上げランキング: 37446



平山による演奏はWERGOから出ているCDで聴いていました。CDの迫力ある声と比べると演奏の序盤は衰えを感じさせるものでしたが、その印象はしり上がりに払拭されていきました。奇妙なオノマトペと様々な発声法によって、フレーズを変化させながら繰り返していくなかで、突然ベルカントで高音を発声する瞬間があり、その度にザクッと胸を刺してくるようなスゴみを打ち出してくる。まるで歌舞伎のキメのよう。ここぞと言うときの魅せ方の上手さは熟練から来るものなのでしょうか。ものすごく高い声がでる、とか、とんでもなくキレイな声がでる、とか、そうした技術的な評価からはズレてしまいますが、平山にしかできない芸風が確立されている、ということをまじまじと見せ付けるような演奏だったと思います。






こうした指摘もすでに出ているのですが、これも至極真っ当なものに思われます。「この人にしかできない」という風に音楽をクローズドな状態にしておくのは、西洋音楽の基本的な態度からハズれていると言えましょう。楽譜によって演奏家に開かれているのが、西洋音楽の伝統です。そうして誰にでも開かれることによって、作品に対しての評価ができるようになる。作品と演奏者との関係が癒着してしまえば、それはその人のパフォーマンスに対する評価しかできなくなってしまう。個人的に昨日の演奏を見ていて思ったのは、これは音楽というよりかは、特別な身体表現のようで、むしろ舞踏とかダンスとかに近いのではないか、ということです。ともあれ、そうした評価などはどうでもよろしい。記憶に残る演奏会でありました。共演した演奏家の方々も素晴らしかったです。





0 件のコメント :

コメントを投稿