内田百閒 『御馳走帖』

0 件のコメント
御馳走帖 (中公文庫)
御馳走帖 (中公文庫)
posted with amazlet at 13.02.09
内田 百けん
中央公論社
売り上げランキング: 6,420
活字中毒、という言葉はなんだか好きになれない自意識過剰なもののように聞こえていやだけれど、わたしはもしかしたらそういうたぐいの人間かもしれず、好きな文章であれば力の続くかぎり読んでいられるし、とはいえ嫌いな文章はまったくあたまにはいってこないのだけれども、年中絶えず、自分が読める文章を探しているような気がしないでもない。とくに毒にも薬にもならず、ただ読んでいて楽しい文章家として内田百閒はたいへんに優れた仕事を残していた。

『御馳走帖』は、そんな彼が食に関して綴ったものをまとめたものだ。戦中のモノが手に入らない時代、経済的に恵まれなかった頃の話などふつうなら深刻さが現れてしまいそうなことがらについて書いていても、ユーモラスで、気持ちよい。日本語のリズムも良いんですよね(こういう文章を書ける人が、もう新しくでてこないのだとしたら、それは日本語がなにかを失っていることでもあるのかも、とも思う。初期近世の日本語を読んでいたときも感じたのだけれど)。親交のあった宮城道雄とのエピソードも痛快だし、やはり好きな文章家が、食事や煙草、酒などの自分の好きなモノについて書いているのは愉快な気持ちで読んでいられる。

0 件のコメント :

コメントを投稿