ブルックナー / 交響曲第9番(朝比奈隆・東京都交響楽団 1993年ライヴ)

0 件のコメント
ブルックナー:交響曲第9番
東京都交響楽団 朝比奈隆
フォンテック (2008-10-21)
売り上げランキング: 53,919
朝比奈隆の晩年にまつわる笑い話(冗談)のひとつに、加齢による聴力低下がオーケストラに対する過剰なヴォリュームを求め、それが巨匠的な演奏スケールを生んだ、というのがある。このたび、ほとんど初めて朝比奈のブルックナーを聴いて、そのホラ話にも一定の説得力があったのだな、と思った次第。

しかし、そうした老人性の痴呆じみた世界観こそがブルックナーの音楽にぴったりとマッチする面もあるわけで。現代のブルックナー指揮者筆頭であるところのスタニスラフ・スクロヴァチェフスキが、理性を突き詰めたスマートさから、常人には計り知れぬ痴呆じみた忘我の世界へと我々を導くのに対して、朝比奈はその鈍重さによって、忘我の世界へと導くのではないか、と思ってしまう。この演奏のスマートではない印象は、もしかしたら東京都交響楽団の小回りの利かない技術的な部分もあるのかもしれない。しかし、だからこそ、一層の鈍重さな素晴らしさが生まれている、とも言える。

これがもしオーケストラがドイツに複数ある放送交響楽団のどれかであったとするならば、まったく違った演奏になっていたのでは(とくに南西ドイツ放送響とかだったなら……と思うのはミヒャエル・ギーレンの演奏があるせいか)。鈍重なブルックナー演奏といえば、まずはロヴロ・フォン・マタチッチがチェコ・フィルを振ったときの録音が思い浮かぶけれど、マタチッチの豪快さ/野蛮さと違って、朝比奈の指揮はマイルドに重く素晴らしい。

こうした演奏を生で聴けなかったのは残念だったな……とちょっと寂しくもなりますね。自分もこの数ヶ月、在京オーケストラの演奏を聴きにいかなくなってしまったけれど、思い返せばローカルなところでこういう質の高い音楽が演奏されていたわけなのだよ……。

0 件のコメント :

コメントを投稿