続・ユーロ安なのでシュトックハウゼンのCDを安く買おう

3 件のコメント


ユーロ安なのでシュトックハウゼンのCDを安く買おう - 「石版!」


 前回のエントリであまり具体的な話をしていなかったので、寝る前にもう少し具体的な話をしておきます。私が取ろうとしている注文方法はこちらの方法にそのまま則っておこなうつもりです。詳しくはリンク先をみていただければ分かるのですが、シュトックハウゼン出版会はカードでの取引をおこなっておりません。そのため、国際為替で料金を前払いしなくてはなりません。郵便局でこれらの手続きはおこなえますが、この手数料が約2000円。こちらの手数料は、共同購入される方の人数で折半していただくことになると思います。なので、人数が多くなればなるほどお得感は増します。完全善意で奉仕、その代わり何か粗相があったら許してねスタイルなのでこのほかにはCD代金に上乗せされるお金はいただきません(あと、個別に送付する際の送料ぐらいか)。


 応募の方法としては、カタログを見ていただいて、お名前、欲しいCD番号、連絡先(住所と一応お金が絡んでくるので電話番号もいただきたく思います)を書いたメールを送ってくだされば、確認の連絡をさせていただいた後にオーダーに加えたいと思います。注文はできれば日銀が相場に介入してくる前におこないたいと思うのですが、今のところ、連絡の締め切りなどはまだ決めておりません。送付方法は航空便と船便があるそうですが、後者を取ろうと考えています(いますぐ、シュトックハウゼンの音楽を聴かなければ死ぬ!という人はいないと思うので……)。



D


 「シュトックハウゼンに興味があって今回CDが買いたいのだが、何を聴けば良いかわからない」等のご相談も承ります(と言っても私は専門家ではないので、頼りにはならないですけれど……)。とりあえず、最初の一枚としては全集第三巻《少年の歌》や《コンタクテ》を収録したものでしょうか(↑の動画は《少年の歌》)。初期の電子音楽作品傑作選といった感じで、昨日久しぶりに聴いたら改めて大感動しました。もちろん、電子音楽だけがシュトックハウゼンではないのでこの機会に器楽作品などにも手を出してくれる人がいたらいいなぁ、と思います。





3 件のコメント :

  1. そんなに安くないですよ。
    何しろ普通3倍の値段ですからね。
    ここにいるとラジオはしょっちゅうやっているのでそれ聴いています。

    返信削除
  2. ヨーロッパってそんなにCD安いのでしょうか。行ったことがないので少し驚きました。

    返信削除
  3. クラシックは安いかな?
    一枚5ユーロ以上では決して買わないですね。
    為替の変動で変わりますね。
    シュトックハウゼンは3倍で高いのでどこの店でも置いていませんね。

    返信削除