レディオヘッド@さいたまスーパーアリーナ

0 件のコメント



In Rainbows
In Rainbows
posted with amazlet at 08.10.05
Radiohead
Xl (2007-12-27)
売り上げランキング: 591



 いまや世界中で最も(メンノンとか読んで『佐藤可士和がさぁ……』とか『茂木健一郎がさぁ……』とか言って、情熱大陸とトップランナーが大好きなヤな感じの!)若者に影響力がある、と私が勝手に想像しているバンド、レディオヘッドのライヴになんとなく行ってきた。チケットは結構取るのが難しいとか聞いたけど、知り合いが売ってくれたんで「まぁ、行くか」ぐらいのノリだったからまったく思い入れとかはなく、大変フラットな気持ちで観ていた。ライヴの内容は、最新アルバムの曲を中心に『OK Computer』以降の曲を演奏していた。


 最新アルバムは、配信方法とかが話題になってた、ぐらいで内容の方は「なんかデモトラック集みたいなパッとしない感じだなぁ……」って思ってたんだけど、他のお客さんも最新アルバムの曲ではそこまで爆発的に盛り上がってた感じはしなくて、それこそラストに演奏した「Everything In Its Right Place」が一番盛り上がってたのを見ると、それって現在進行形のバンドの姿としてどうなのか、って思ったりもする――とかのっけからグチグチ言ってるけれども、それなりに楽しかったし良い内容のライヴだったと思う。やっぱり「Exit Music」とか「部屋真っ暗にして体育座りで聴きたい……」みたいな曲には、耳が吸い込まれていくような気分がしたし。たぶん、再来日しても観に行くことはないだろうけれど……。


 あとステージのセットがすごくて「なんかピンクフロイドのDVDを観ているみたいだな……」って思ったり。レディオヘッドとピンクフロイドってアート志向みたいな部分で結構重なる部分が多いんじゃないか、そういえば先日、フロイドのオリジナルメンバー、リック・ライトが亡くなったっけな……ご冥福をお祈りいたします、とか。



D




 しかし、バンドのパフォーマンス云々よりも周りの観客の行動に不快な気分にさせられることが多くて「ロックの人は嫌だなぁ……」と思ってしまった。マナー云々の問題よりも、ボケーッと見てたりすると「なんでお前盛り上がってないんだよ!コイツうぜぇ」みたいな非難がましい目線を浴びせられるとかさ……いや、そんなの気にしなきゃ良いんだけども、なんかねぇ……だってつまんなかったら盛り上がらないじゃん……なんでもかんでも「ワー!」とか「ヒョー!」とか言えば良いってものじゃないだろう……と。なんでもかんでもモッシュかよ、縦ノリでジャンプかよ、みたいなのもなんか観ていてヤなんだよなぁ……。





0 件のコメント :

コメントを投稿