コンサートの楽曲解説を書きました

0 件のコメント


 先日、地元福島へと帰省した際に昔同じオーケストラに所属していた友人と飲んでいて、ふとした話の流れで、その友人が現在運営に関わっているアマチュア・オーケストラのコンサートで配られるパンフレットに文章を寄せることになりました。オケはオーケストラ・フィルジッヒという団体です。ユン・イサンに師事していた作曲家であり福島大学の教授である嶋津武仁が芸術監督を務めている、なんだかすごいアマオケ。



オーケストラ・フィルジッヒ 第6回演奏会


日時    2010年 1月 30日(土) 開場18:00 開演18:30


場所    福島市音楽堂 大ホール


芸術監督  嶋津武仁


指揮    高橋裕之


全席自由  一般 \1,000 高校生以下 \800


演奏曲目


ベートーヴェン 交響曲第7番イ長調 作品92


エルガー 3つのバイエルン舞曲 作品27「踊り」「子守歌」「射手」


ロッシーニ 「泥棒かささぎ」より序曲


オーケストラ・フィルジッヒ公式サイト



 当初、田舎のアマオケの客だから軽いノリのほうが読む人にも易しかろう、と思って「ロッシーニはオペラ界の海原雄山だ!」とか「イギリスの音楽と言えば、言うまでもなくエルガーとビートルズですが……」とか書いてたのですが「ウチのお客さんは結構民度が高いから、文体を5割増しで硬くして」とダメ出しされました。ホンモノのパンフレットには、その硬い版が載っています。お近くの方は是非コンサートに足を運んでみてください。エルガーの《3つのバイエルン舞曲》なんかなかなか聴くことができませんが(私も今回初めて聴いた)すごく良い曲です。





0 件のコメント :

コメントを投稿