Date Course Pentagon Royal Garden GAP (golden after party) @Liquidroom

0 件のコメント


後期ジョン・コルトレーンやマイケル・ブレッカーとレーベル・メイトになることがきまったDCPRGを。このバンドについては先月も同じリキッドルームで観ているのだが「え、あれって先月だっけ?」という感じ。先月のアート・リンゼイがゲスト参加したライヴは9月にCD化されるそうなのだが、実はそれがダメな演奏でダメ出しメールがメンバーに飛んだ、という話もあった(菊地日記参照のこと)けど、この日も充実した演奏だったと思います。フロアでブチあがっていると正直演奏の精度とかがどうでも良くなってしまうのですけれどね。前日はフジロックで演奏してきてその移動疲れとかなかったのかな、と心配になりましたが杞憂でした。





前回のライヴではあんまりパッとしなかった野村マンのサックスの人が、前半から攻めるようなソロで飛ばしているのも良かったですし、左のキーボードで代理で参加した成澤功章もすごいクールに壊れたソロを弾いていたことも印象的でした。面白いから毎回ゲストとか違うメンバーがいたら良いのにな、と思ってしまいます。旧メンバーが参加したりとか(青木タイセイのセクシーなトロンボーンなんか聴きたいですよ)。この日の個人的ハイライトは終盤のドラム2人、パーカッションによる鬼のようなインタープレイ。鬼畜なポリリズムに血が沸きましたが横で休んでるサックスの2人を見たら、これに対してハンドクラップを要求しようとしてて「それは無理。これは後2回ぐらい聴いて練習しないと無理!」と思いました。今回もたくさん笑ったし、多幸感にあふれるライヴで魅せてくれるバンドだなあ。




あとこれはライヴとはまったく関係ないですがリキッドルームへの道すがらに夜木*1というバルができていて(ちょうどオープンの日だった)、気軽に入れてしこたま呑める良いお店でした。東北の食材を使ったのがコンセプトだそうで、ワインも山形のワイナリーの特別なのがグラスで飲めて、しかも値段が手頃……という無敵っぷり。嬉しいのはアイラ・モルトもメジャーな銘柄はほぼコンプリートという品揃え(しかも安い)。現在、この影響によりひどい二日酔いに悩まされていますが、リキッドルームにいく機会があったら絶対立ち寄りたいお店です。






0 件のコメント :

コメントを投稿