小田朋美 / シャーマン狩り: Go Gunning For Shaman

0 件のコメント
シャーマン狩り
シャーマン狩り
posted with amazlet at 14.05.19
小田朋美
AIRPLANE LABEL (2013-12-04)
売り上げランキング: 56,945
先日、菊地成孔主宰のDCPRGへの正式加入が発表された女性ミュージシャン、小田朋美のデビュー・アルバムを聴く(アートワークや選曲などをプロデュースしたことで菊地も製作陣に名を連ねている)。なんでも藝大作曲科出身の才女、ということなので坂本龍一や、加古隆らの後輩ということになってしまうのだが、「藝大ブランド」があるのだとしたらそれに相応しい作品であると思った。ジャケットとアルバムタイトルからは極彩色の、荒々しい音を想像してしまうのだけれども、小田の歌声とともにあるのはピアノ五重奏、ピアノ五重奏+ドラム、あるいはピアノとドラムのデュオ、というシンプルな楽器編成で、とてもクラシカルな音色で構成されている。もちろんシンプルな楽器編成がモノトナスな音風景に直接的に結びつくわけではなく、むしろクラシカルな音の中でも音色の多彩さがとても良い。どのジャンルで囲うと一番しっくりくるか考えると、クロスオーヴァーなポップス、という感じなのかも。

彼女の歌声もいろんな表情を持っていて、曲ごとに驚かされてしまった。冒頭のPerfume(!)のカヴァーを聴いたときは「なんだ、矢野顕子/原田郁子的な弾き語り的な人か」と一瞬思ったけれど、ピアノとドラムのインタープレイにぶっ飛ばされ、Spank Happy(!)のカヴァーを聴いたときには本家に肉薄し(そして上手い)コケットリー的な歌声に痺れ、最後に収録されている寺山修司の詩を用いた楽曲では、裸足でステージに立つ系の女性歌手のごとき凄みを感じさせる。1曲だけ、インストの弦楽四重奏曲も収録されていて「(学校の課題作品風な感じではあるのだが)初期のコルンゴルトの弦楽四重奏の緩徐楽章を久石譲がわかりやすくした!(まったくポジティヴに思えない表現で申し訳ないけれども)」みたいな楽曲だったのもまたグッときた。

(ところでカヴァー曲と自作以外での歌詞が、宮沢賢治、谷川俊太郎、寺山修司からとられているのは、なんというか、伊賀大介的なセンスだとは思いませんか。悪いとは言ってない)

0 件のコメント :

コメントを投稿