ジークムント・フロイト 『精神分析入門』

0 件のコメント
精神分析入門 (上巻) (新潮文庫)
フロイト
新潮社
売り上げランキング: 9,086

精神分析入門 下 (新潮文庫 フ 7-4)
フロイト
新潮社
売り上げランキング: 12,768
実はちゃんとフロイトを読んだことがなく(『モーセと一神教』しか読んでなかった)、先にラカンの入門書などに手を出していたり、精神分析のテクニカル・タームを使ってモノを書いていたりしていたのが申し訳なくなっていたため、『精神分析入門』を読んだ。なんでもフロイトが晩年におこなった講義をもとにした本だそう。この新潮文庫版には『続入門』も収録されているんだが、メインの入門講義は第一次世界大戦の真っ最中に行われ、かつ、聴講者は最大で11人しかいなかったという。フロイトって20世紀最大の思想家の一人に数えられる人なんじゃないのか、その講義の受講者が11人って……と驚愕したが、11人を相手に話しているフロイトの姿を想像すると胸が熱くなって、それはそれで良い。

それにしてもだ。夢に出てくるあらゆるものを性的な象徴だと言い、また、精神的な不調の原因もすべて性的なものへと還元していくフロイトの言葉に、改めて「こんなもん良く受け入れられたよな……」と呆れながら読んでしまうのだった。例えば不眠症に悩む女性の症例を紹介する際には、その女性の枕元にあった時計のカチコチいうリズムが、勃起したクリトリスが脈打つ音とつながっている、とか言うんだよ。すごくない? こんなの思いつきますか? 驚きますよね。

悪い本ではない。フロイトの思想って、それこそ高校の倫理の教科書にも載ってたくらいですが(授業に出てきたかは不明。倫理の授業中、自分がなにをしていたかをまったく覚えていない)、自我だとか超自我だとかエスだとか、そうしたテクニカル・タームはフロイトの著作に触れてなくても知ってたりするわけ。本書を通して読んでみると(長い。上下巻で1000ページ超える)、原典は知らんけど、知っていた言葉の復習みたいになって面白くはある。フロイトによる四次元の性的解釈や症例の紹介も、テクストとして面白いし。

でもさ、改めて繰り返すけども唖然としちゃいますよね。こんなむちゃくちゃなことを言っていて、20世紀最大の思想家の一人って。フロイトがそこまで偉いなら20世紀なんてゴミみたいな時代だったのでは、とさえ疑ってしまうのだけれど、人間の心にコントロールできない/アンタッチャブルな「無意識」という領域を設定したのは偉大だったんだな、と思う。コントロールできない無意識の働きによって、人間の主体が動かされ、病的な状態に陥ってしまったりする。

近現代以前の社会においてはそれこそ、精神的な疾患が、神がかりとして解釈されたこともあった。人間の心に対して、アンタッチャブルな神が働きかけ、その影響によって疾患が発生する的にね。こういう発想って、人間の心っていうのが、一枚岩の「心」であって、外部からの影響力によって、なにかが起きる、と図式的に理解できる気がする。でも、無意識が発明されたことによって、影響力を与えるものが、心の内部にも設定されることになる。この心の図式の書き変え的な部分は、たとえフロイトが「それはないでしょう」という精神分析をおこなっていたとしても、すごく重要に思われた。

0 件のコメント :

コメントを投稿