羽生善治(監修) 『羽生善治のみるみる強くなる将棋入門: 5か条で勝ち方がわかる』

0 件のコメント
30歳になってもうすぐ丸1年経つのだが、ふと思い立って将棋をはじめてみた(知り合いの研究者に将棋好きがやたらと多いことにも影響された)。将棋なんか小学生以来で駒の動き方しか知らないままだったのだが、いざ、こういう将棋入門アプリで基本的な戦術とか、駒の損得とかを勉強しはじめたら、シンプルでありながら、実に奥が深い遊びだなぁ、と感心して、ここ数日間、ほとんど読書とか勉強とかそっちのけで将棋のゲームをやっている。ヤバい。30歳でこんなにハマるかよ、と思って自分でもビックリだし、布団のなかで明け方までやったりしてしまっている……。

将棋入門アプリのほうではコンピューター相手に平手で結構勝てるようになってきたので、こういうアプリでオンライン対戦もはじめてしまったのだけれど、やはり人間相手には勝てなくて。悔しいと思ったから、日本で今最強に将棋が強くなる人の本を読んでみた。これ、すっげーわかりやすかった……。入門アプリでも勉強できることがらがもうちょっと親切に書いてあって、ヴァリエーションもそこそこある。図も丁寧なので、攻めや守りの基本が直感的にわかる。

そう、この直感的な把握ができはじまったら、急に将棋が面白くなってきたんだった。将棋って、はじめる前はガチガチに論理的なゲームで、定石を覚えないと勝てない面倒なゲームだと思ってたんだが(いや、そうなんだと思うけど)、しばらくやってたら「これは良さそうだな」とか「どうやらこのへんは攻められなそうだぞ」という感じがわかってきて。説明できないけど、勝ちそうだ、とかさ。定石とか知らなくても、なんとなく打てて楽しい。で、本書はそこに至るまでの最短ルートの近道を提供してくれる本だと思った。1000円ちょっとで買えるし、大変リーズナブルである。

覚えたての振飛車 & 美濃囲いでオンライン対戦したら、いきなり勝ってしまったので本当にみるみる強くなったよ! やってて良かった公文式!!

0 件のコメント :

コメントを投稿