藤子・F・不二雄大全集 『ドラえもん』(1)

0 件のコメント










 ――――――――――――――――― 、

       __       ___       |

  _ /  _  _ ヽ _∠___  ヽ_    |

  |  /  ,-(_ ・b・)、|  , - , -、  |  |  |  |

  |  | .王ミ  | 、王  |・ |・ |- |  |  |  |

  |  ヽ ヽ-―┴ ´ノ  | -c -´  6) /  |  |

  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ

 ―――――――――――――――――、  |

                 「ねむれない。」

「ぼくも。」

               「朝までお話しよう。」







 「さようなら、ドラえもん」のAAを見たら、急激に『ドラえもん』が読みたくなって買う。そして家に帰って大笑いしながら読みつつ「おばあちゃんのおもいで」で大号泣し(ホントにグズグズになるまで泣いた……)、F先生最高、藤子・F・不二雄ミュージアムができたあかつきには初日に絶対にいきますよ! と宣言するに至った。これまでよく考えたら漫画で『ドラえもん』をしっかりと読んだことがなかったけれど、今なら「『ドラえもん』の単行本を親に捨てられてから、親のことが信じられなくなった」と語る友達のことが理解できる。なぜ、こんなに心が惹かれてしまうのかうまく説明できない。でも、一家に一冊、というか一全集置いておくべきだと思った。それぐらい良い。藤子・F・不二雄大全集は膨大なものになりそうだけれど、できるかぎり集めて読みたい。





0 件のコメント :

コメントを投稿