井筒俊彦『神秘哲学』を読む #6

0 件のコメント



神秘哲学―ギリシアの部
井筒 俊彦
慶應義塾大学出版会
売り上げランキング: 130301



 本日は第二章第三節「弁証法への道」を見ていきます。ここはプラトンの「直線の比喩」の説明からはじめられます。この部分を読むに当って、まずは以下のような図を頭に浮かべてください。




B------E------C-------D------A




 この直線は前節で解説された「洞窟の比喩」の概念図といってもいいでしょう。ポイントAは洞窟のもっとも奥で逆側の終点Bは太陽を表象します。するとこの無機質な図にこんな肉付けが可能です。




明るい                暗い

B------E------C-------D------A




 A→Bの方向でこの線を辿れば「闇は次第に薄れて何時しか光に転じ」、逆にB→Aの方向でこの線を辿ると「眩きばかりの光明は次第に弱まって薄明の光りに転じつつ遂に黯惨たる闇に消える」(P.64)――頑張って図からこのような情景を思い浮かべてください。明るさ/暗さは光に関する感覚的な表現ですが、プラトンにおいてはこの明/暗は、認識の明/暗にも置き換えられます。さらに、Cを基点としてBの側は叡智界の、Aの側は感性界を表象するものです。再び図に肉付けをおこないましょう。するとこんな風になる。




明るい                暗い

B------E------C-------D------A

認識ハッキリ            認識ぼんやり

��叡智界)              (感性界)




 図は4分されています。残りの部分についても見ていきましょう。これもやはり洞窟の比喩と対応します。直線の最右部(A-D)は、洞窟の最も暗い部分です。そこでの人々は物体の影しか認識することができません。認識主体は「憶測」しか持たず、認識対象は「幻影」となります。しかし、彼らはその感性を信じきっているのでこうした不確かなものを実在性があるとして疑わない。それは端的に言って完全なる無知の状態です。





 ひとつ段階をすすめて(D-C)は、洞窟で振り返り、影の実体をはじめて見るところに該当します。認識は「憶測」から「信念」へと変わります……が、この訳語だとイマイチ何を言ってるかわからないですね。噛み砕くと「なんもわかってない状態」から「ちょっとはわかった状態」へとレベルがあがった、ぐらいに理解しておけば良いと思います。ただしレベルがあがったとはいえ、そこは感性界での出来事にすぎません。第一章のヘラクレイトスを思い出してください。感性界の出来事は去来転変し少しも停在することのない無常の世界でした。こうした世界観をプラトンも共有している、と井筒は言います。そこでの認識はあくまで不確実なものを対象とした「仮見」なのです。





 さて、もうひとつ段階を進めると直線を半分に割っていたポイントCを乗り越えることになります。前述のとおり、叡智界の領域にはいってくる。ここでようやく認識の対象が「永遠に存在するもの」となります。叡智界の最初の局面(C-E)は、悟性認識の領域です。プラトン曰くこれが「中間に」ある知識を意味します。なぜ「中間」なのか。井筒はこれを悟性は叡智界の認識ではあるが、感性界の認識を基盤として成り立つからだ、という風に解説しています。





 井筒は喩えとして、指の話を持ち出します――目の前に3本の指を見ているとする(なんでも良いけどここでは、親指と人差し指と中指をみていることにしましょう)。それは個別的な観点からすると硬かったり、柔らかかったり、長かったり、短かったり、それぞれ別個のものとして認識できる。三本の指はそれぞれ違ったものですが「指」という意味では同じ指です。この「指」という観念も悟性的なものだと思われるのですが、ちょっと違う。それは感性的な認識において認識しきれてしまう。では、どのようなものが悟性なのか。





 さきほど我々は指が硬かったり、柔らかかったり、長かったり、短かったり、ということを確認しました。しかし、それはあくまでその指が別なものと比べて、硬かったり/柔らかかったりするからそのような認識ができるのであって、モノそのものが硬かったり、柔らかかったりするわけではありません。あくまで「私の指は(石より)柔らかい」とか「私の指は(豆腐より)硬い」とかそんな風に認識しているに過ぎない。するとこんな言い方もできるでしょう。指は柔らかいのに硬い。なにそれ! という感じですが、感性的な認識下ではそんなことが言える、ということです。ここでひとつ考えを進めましょう。そもそも「硬いっていうことはどういうことなんだ?」ということを考えるのです。大きいってことはどういうこと? 小さいって何? こういう問いかけを自分に強いると、悟性が作動する、とプラトンは考えました。





 硬いこと自体、柔らかいこと自体、大きいこと自体、小さいこと自体……いろんなものが悟性によって追求されますが、このとき追求される「○○自体」がプラトンが考えたイデアに他なりません。プラトンは叡智界に、そういう硬いこと自体みたいなものが存在している、と考えていたのです。(村上春樹流に言うならば)「世界のどこかに1キログラム原器に存在するみたいに」(ってどっかで目にした記憶があるんですが、思い出せません)。頭もじゃもじゃの脳科学者の人がクオリア=イデアと言っていましたけれども(これもどこで読んだか忘れましたが……)、クオリアを脳が感じる「○○自体」ってことにしておくと、「クオリア=イデア」説もなんだか理解できるようにも思います。





 話を本筋に戻しましょう。以上のように悟性はイデアを追求しようとする。しかし、この段階の知性は、まだ自分だけの力では直接端的にイデアを把握することができません。感性界の認識を基盤としなければならない(この『基盤』が、さきほどの喩えでいうところの指にあたるでしょう)。この基盤はイデア認識のための「仮説」となるのです。井筒曰くこうした悟性の働きは、現象学の述語体系では「本質直観」と呼ばれるものと同じだ、ということです。本質直観によって個別(いろんな指)から普遍(硬いこと自体)へと跳躍する。この跳躍する者を、プラトンは弁証家と呼びました。そして、跳躍を繰り返すことによって(弁証を繰り返すことによって)人は認識の境地である線分B-Eの領域に達することができると考えました。





 認識が最高レベルに達すると呼び方がまた変化して、今度は上位知性(純粋知性)と呼ばれることになります。これがいわゆる「ヌース」というヤツです。これがどのように悟性と異なるか、についてですが、ヌースは悟性のように感性界の認識を仮説として使用しないところに違いがある、と井筒は解説しています。ヌースはイデアをもってイデアを認識するのです。この認識世界は神秘的な性格をもち、ダイモン的な力が発揮される領域だ、とプラトンは考えます。そしてこのヌースのダイモンとしての活動が、プラトン的エロースなんだって!





 以上が第二章第三節「弁証法の道」の内容になります。ここまででプラトンのイデア論の概説みたいな部分についてはひととおり触れたような実感があります。ただ、このイデア論はプラトンの前期から後期で性格が変わってくるんですね。次節「イデア観照」からはその変化について見ていきます。それでは次回をお楽しみに!!





0 件のコメント :

コメントを投稿