大河原邦男 『メカニックデザイナーの仕事論: ヤッターマン、ガンダムを描いた職人』

0 件のコメント
メカニックデザイナーの仕事論 ヤッターマン、ガンダムを描いた職人 (光文社新書)
大河原 邦男
光文社 (2015-08-18)
売り上げランキング: 4,709
ガンダムをデザインした人として知られているであろう大河原邦男が、アニメ業界にはいるまでのアレコレや、仕事歴、そして仕事論について語った本。もともと大学ではテキスタイルの勉強をしていたとか、アニメの世界に入ったのはたまたまでその前は服飾業界にいた、など全然知らなかったことが知れたのは「へぇ〜」となったが、大した本ではないと思った。自分が関係した仕事についていろいろ書かれているのだが、単なる思い出話・ライトな裏話開陳でしかないし、仕事論にしても「仕事は選ばずにやれ(選ぶと世界が狭くなるぞ!)」とかこの人からしかでてこない、というものでもないだろう。とにかくアニメ黎明期から働いている人であるから、混沌とした状況からスッと身を立てた、というところは伝わるし、アニメ黎明期の混沌とした仕事環境にしても大変そうだな、と思う。でも、それだけの本。

0 件のコメント :

コメントを投稿