小笠原信夫『日本刀――日本の技と美と魂』

0 件のコメント



日本刀―日本の技と美と魂 (文春新書)

日本刀―日本の技と美と魂 (文春新書)







 国が右に傾きだしたり、戦争の機運が到来する頃になると、不思議にも日本刀への関心が高まるらしい。革新ではなく、伝統を保守しようとするヘタレな右翼の心性が、武士の魂であった日本刀へと向けられるのは当然のことに思われる。副題からはそのような傾向を感じさせるけれども、逆に著者は「ちょっと待ってくれ。軍国主義の象徴みたいに日本刀を扱うのは止めて、近代以前の価値観から日本刀を見直してみようじゃないか」という立場で日本刀を語っているように思われた。鑑賞のための専門用語が多く少し読むのがしんどいけれど、とても面白い本である。


 言わずもがな、日本刀は武器である。が、室町時代ごろから既に「美術品」あるいは「贈答品」としての価値が成立しており、折角の切れる刀という機能的価値が眠ったまま通用していた。こういうのはなんだか屈折しているように思うのだけれど「目利」という刀の価値を決定する鑑定人が専門の職業として成立し、朝廷や幕府から認定された権威によって価値が決定されるシステムが構築されている感じは面白い。そういう折紙付の商品を身につけることが武士の間で「立派なこと」とされていたのは、現代で言うならサラリーマンが雑誌なんかで紹介されているブランド時計を身に着ける感覚と全く同じなんじゃないだろうか。

 武器が装飾品を兼ねる、というのがこの本で「日本独自のもの」とされているけれど、そんなことはなく西洋でもみられる事柄である。例えば、甲冑なんかがその代表例として挙げられる。ベルセルクとかに出てくる、妖しい洋館に置いてありそうなヤツ*1。ただ、西洋の甲冑においては、装飾が豪奢になるあまり、騎乗時に馬が潰れてしまうぐらい重くなってしまったものもあったらしい。そういう「やりすぎちゃってる感」も面白いんだけど。それに比べて日本刀は「装飾品(美術品)」として取り扱われるようになっても尚、機能が価値の中に取り残されていたのが特色だと言えそう。






0 件のコメント :

コメントを投稿