論理的/非論理的

4 件のコメント


宮崎駿監督作品『崖の上のポニョ』 - 「石版!」

 昨日書いたエントリについて「論理的/非論理的」という区分けについて、過剰に反応されている方がいらっしゃったのでここで補足。私が不用意に「言語的≒論理的」、「非言語的≒非言語的非論理的*1」と不用意に繋げてしまって書いたので、おそらくそのような誤解が生じているのと思われるのだが、ここで私は「非論理的コミュニケーション」というものを、プラトン、あるいはアドルノにおける「模倣(ミメーシス)」という概念を前提に考えている。


プラトン『国家』、と管理社会 - 「石版!」


こどものミメーシス - 「石版!」


 ミメーシスについて、過去に以上のようなエントリを書いた(前者はプラトンの、後者はアドルノの)ので、ここで説明を繰返すようなことはおこなわない。しかし、非言語的コミュニケーションはあくまで非言語的コミュニケーションなのであって、それは言語的な枠組みでは捉えきれないものである、ということだけ繰返しておきたい。それは「(私の思考能力が追いついていないせいで)言語的に説明できない」という話ではないのだ。音楽について書いた文章が、決して音楽にならないように、非言語的コミュニケーションを言語的に《理解する》ことは不可能である、と私は考える。


 また、ミメーシスは論理という過程を飛び越えて、理解へと至る。この意味で「非論理的コミュニケーション」と呼ぶことは充分可能である(ように思う)。例えば『崖の上のポニョ』での模倣の場面を思い返して欲しいのだが、そこでは「箸をつかってラーメンを食べると、手も汚れないし、暑くも無くて便利だし、美味しい」という、「AはBだからCだ」という過程は踏まれていない。「宗介が箸を使ってるのを真似してみたら、美味しかった」という理解が描かれている。



宮崎駿の「過去の作品」を「想起」するにあたって、「物語性で言えば『風の谷のナウシカ』、テーマ性で言えば『もののけ姫』」????? えええええ!? こりゃまた素敵な選択だなwww


こおゆう物言いをする奴ぁ、まったく信用できんwwww ストーリーのはっきりしない映画を見ると、必ずこういうこと言い出す奴が出てくるwwwww 「言葉で語るための映画」でないなら、何故エントリ上げる??


「言語的なコミュニケーション」は「論理的」で、「非言語的なコミュニケーション」は「非論理的」なのかいwww じゃ、「ポニョが宗介を模倣することによって、人間としての経験を積んでいく」行為は「非論理的」なんだなwwww それのどこが「非論理的」なのか、説明してもらおうじゃねえかwwww


消毒しましょ!より)



 ちょっと思い切った話をするとたまにこういった「(ちゃんと文章を読んでいないのに)プゲラとかいいたがる人」というのが現れるものだが(だってねぇ……『ものすごくシンプルな物語だ』といってるのに『ストーリーのはっきりしない映画を見ると、必ずこういうこと言い出す奴が出てくる』という反応はないでしょう……えーと、文盲ですか?)、「説明してもらおうじゃねえか」とかおっしゃるので説明してみた。


 また、



「言葉で語るための映画」でないなら、何故エントリ上げる??



 という質問に答えるならば、文脈を読め、ということになる――あくまで私は「(既存の宮崎駿作品について用いられてきた)言葉」ではなく、もっと別な言葉が必要なのだ、という話をしている。だからこそ、私は「別な言葉」――目で観、耳で聴くための言葉――を提示するために、エントリを書いている。

 もし「こんな考えには納得できない」というのであれば、今度はあなたの考えを見せて欲しい、と思う。解釈に正解は存在しない。私はあなたに対して否定をおこなわない。けれども、その文章が面白いか/面白くないか、の評価はおこなうだろう。少なくとも精神分析的手法を用いた文章や、製作者の性癖と作品を結びつけた文章には、私はあまり感心しないと思う――立派なことを言ってそうに見えるだけで、その文章はまったく作品が与える感動を伝えていないからだ*2




*1:書き間違えたことを指摘された!


*2:このエントリにひとつ教訓があるとしたら「インテリぶってる人に不用意に噛み付くと自分が恥を書く羽目になるだろう」ということだろうか……





4 件のコメント :

  1. 以前の話を暴力的にまとめてみます.アドルノ以前には「音楽批評」というのが二つあった.ひとつは,音楽を作曲家の内面やその歴史に帰すようなもの,もうひとつは,ただ楽譜の音を分析するだけのようなものだ.その二つを退けて,アドルノは違う道を示したのだと思う.議論の前提として,貴方が主張していたことで興味深かったのは,アドルノが楽譜中心主義を採用していたことだ.アドルノにとって,音楽というのは楽譜が(差異を生み出しながら)反復されたものだというのだ.少し過剰な解釈になるかもしれないけれど,楽譜が演奏者を通して音楽を生み出す,という風に考えたほうがいいのかもしれない.運動しているのは,楽譜に書かれた記号それ自体であって,音楽家のほうではない.この音楽のアドルノ的理解は,デリダが,記号の反復(的運動)が重要であり,それに対して記号の「意味」は,遡及的に見出されるものでしかない,と主張したこととパラレルなのではないか,と考えられた.記号の「意味」が,単なる記号の(散種的)運動の結果に過ぎなかったように,音楽家の演奏も,ある楽譜の運動の結果に過ぎない(この図式でいうと,音楽の「意味」というのは,楽譜の運動の結果としての,音楽家の演奏のことであって,それに対する言語的な解説ではないことになる).ここまでは非常に簡単な議論だ.問題なのは,この音楽の原理的な話と,それを論じる際の言語的な表象が,いかなる関係にあるのか,そしてないのか,ということであって,そこを語るのに mk さんは(というより,アドルノ本人が)「ミメーシス」という,確かに危うい概念を導入することになっている.つづく.

    返信削除
  2. なぜ「ミメーシス」なる概念が導入されるかというと,アドルノが「音楽」と「言語」を,基本的に「共約不可能」な二つの原理として考えたからだ.この点で,アドルノの議論は,デリダと様相が異なってくる.というのも,デリダの議論は,(良い意味でも悪い意味でも)言語というか記号(あるいは,法)の問題に還元されて,言語(=法)中心主義なのに対して,アドルノは,それとは別に「音楽」という原理を導入するからだ.「音楽」と「言語」は,本来共約不可能なのにもかかわらず,多くの人は,あたかも「言語」によって「音楽」が表現可能だと考えている.アドルノによれば,言語によって音楽を語ることは,単に音楽的なるもの捨象して,言語の原理へと暴力的に還元しているに過ぎない,
    ということになる.mk 氏が,「映画(というか映像)」が「言語」に還元できない,あるいは「言語的なものではない」といったのは,「音楽」と同じく,そこで語られている「言語」が,「映像」と共約不可能なものでしかないからだ.

    この「共約不可能性」は,インテリぶって言うと,ウィトゲンシュタインが「言語のパラドックス」として語ったことと,幾分似ている.本来共約不可能なものが,なぜ一方が他方を「理解」できているかのように考えられるのか?「言語」によって「音楽」が理解できているように思われるのか?ウィトゲンシュタインは「規則に従うことはひとつの実践である」といったけれど,mk さんが考えたのも,同じことだ.「ポニョが宗介を模倣することによって,人間としての経験を積んでいく」のは,「規則」の「理解」というのは,それを「語る」ことではなく,行動的に「示す」ことでしかないからだ.

    返信削除
  3. 素晴らしいまとめありがとうございます。毎度、私より正確に私の書きたいことを書いてくださるので助かります。というか、ここまで議論がまとまっているとなると、あとは書くだけ、という感じな気もしてきました(本当に『書く』という宣言ばかりで申し訳ない気持ちになります)。
    それにしても『楽興の時』、どこにいったんだろう……。

    返信削除
  4. 「言語のパラドックス」ではなく,「規則のパラドックス」です.お恥かしい.

    返信削除