告知:21世紀を挑発する批評誌に原稿を書きました&演奏会

0 件のコメント


子子(ぼうふら) vol.1発刊! - 現代芸術研究会

 慶応大学現代芸術研究会*1によって発刊される「孑孑(ぼうふら)」に原稿を書きました。内容は、全米乙女学会の権威であるところのジョーンズ・A・ワート博士が2005年に発表したコラムを翻訳したもの。なので厳密に言えば私の原稿ではありません。「各種ミニコミ取り扱い店、即売会にて販売予定」だそうですが(詳細は上記リンクを参考のこと)、私はその方面に疎いのでよくわかりません。こういう同人誌一度ぐらい作ってみたいんだけど……。


 


 ついでなので今度の12月に出演する演奏会の告知もしておきます。



■ル スコアール管弦楽団第25回演奏会■


日 時: 2008年12月21日(日)13:30開演予定


場 所: すみだトリフォニーホール 大ホール


曲 目: ~オールイギリスプログラム~


ウォルトン/交響曲第1番


ブリテン/4つの海の間奏曲


アーノルド/ピータールー序曲


指 揮: 田部井剛


入場料: 全席自由 1,000円


ル スコアール管弦楽団



 今度の日曜日から練習が始まるのですが、今日になって楽譜が届きました(さっき印刷し終えたところ)。前回はドヴォルザーク&バルトークという「東欧プログラム」でしたが、今回は「オールイギリスプログラム」!「イギリスの音楽なんかオアシスしか知らねーぜ!」という方も是非ご来場くださいませ。ちなみに私も今回のプログラム1曲も聴いたことがありません。まだCDも買ってません。オーケストラで楽器を演奏するようになって、今年で9年目になりますがこんなにも未体験ゾーンは初めて。アーノルドとブリテンの作品でファゴットを吹く予定です。オーケストラのホームページから申し込みをするとチケットは無料で手に入ります。



D


 こういう曲をやるらしい。




*1:ちなみに私はこの団体のOBでもなんでもありません





0 件のコメント :

コメントを投稿