ニコラウス・クザーヌス 『学識ある無知について』

0 件のコメント
学識ある無知について (平凡社ライブラリー)
ニコラウス・クザーヌス 山田桂三
平凡社 (2012-11-19)
売り上げランキング: 700,011
クザーヌスは以前に『神を観ることについて』を読んだだけ。『学識ある無知について』のほうがそれよりちょっと難しい内容だと思った。ともあれ、クザーヌスの神学やコスモロジーのエッセンスが詰まっているようで大変面白い。なにより「一」に関する議論があまりに普段の言語感覚と違っているから、それに馴染めば、要するに「神は一であり、最大者であり、最小である……」云々というクザーヌスの議論は「神があらゆる可能性を内包する無限の存在であり、人間はどんだけ勉強しても神を把握することはできないのだよ」ということが言いたいのだ、とわかってくる。

あらゆる可能性を含んでいるのだから、最大の存在でもありながら、最小の存在でもある神。それが「一」ということである。しかし、あらゆる可能性を含んだそのままの状態ではこの世界はありえない。なんでもありな可能性が縮減され、「多」という形で確定された状態で、世界が表現される、とクザーヌスは考える。面白いのは、神は万物を含むけれども、万物は神ではない。現実に表現されるものは有限である。それに対して神は無限だから一致しないのだ。この神から縮減された万物の不可逆性というか、神と世界との断絶が興味深いと思った。

コスモロジーに関しても、クザーヌスは天動説を唱えた人物ではない。地球の周りを太陽や遊星、星々が回る天文学的モデルを採用している。が、クザーヌスは世界の中心を地球には置いていない。世界の中心は、神である、と彼はいう。ここで重要に思われたのは、この神の居場所の設定が、地球を中心とした階層型の天文学モデルを否定しているように思われる点だった。

ハルトマン・シェーデル 『ニュルンベルク年代記』(1493年)の図版
ハルトマン・シェーデルの『ニュルンベルク年代記』にある図版を見ても、神の居場所は地球から最も遠く離れた最高天に設定されている。世界の中心を神とするのであれば、こうした図を描くことはできないであろう。クザーヌスの神の居場所はどこにあるのか。わたしがうまく想像できなかったのはこの点である。そもそも、空間的にも、量的にも限定されない神をそのように想像すること自体が間違っている気もするけれど。

0 件のコメント :

コメントを投稿