ドイツのユニークな戦争文学

0 件のコメント



短篇集 死神とのインタヴュー
ノサック Hans Erich Nossack 神品 芳夫
岩波書店
売り上げランキング: 229789



 ドイツの戦後に(地味に)活躍したハンス・エーリッヒ・ノサックの短編集。戦中・戦後のドイツのつらい状況を描いたものなのだが、直接的にそれを描こうとするのではなくギリシャ神話やSFなどの世界を描きながらアレゴリカルに表現しようとしているのが面白かった。描かれた状況はかなり救われないのだが、どこかユーモラス。こういうタイプの「戦争文学」はちょっと他では読めないかもしれない。





0 件のコメント :

コメントを投稿