12歳の少女によるRUSH

0 件のコメント



D


 とんでもない映像を見つけてしまいました……。12歳の女の子(サラちゃん。日本人)がRUSHの曲のカヴァーでドラムを叩いている動画です。RUSH(カナダのスリーピースバンド)のドラマーといえば「ドラム・キットに住む男」として知られる超絶技巧の持ち主、ニール・パート大先生ですが、これを女の子に教え込んだ周りの大人は教育的に問題ありです(良い意味で)。テンポがたまにズレるけど、上手い……。



D


 オリジナルはこちら。カッコ良い……。ちなみにさっきの女の子、11歳のころに既にこういう実力者(↓)。



D


 この余裕……。この映像を目のあたりにして「昨今のインターネット界においては、オリーヴ系左翼美女だけが注目すべき存在である」などとは口が裂けてもいえません。



D


 10歳のときにもRUSHの曲やってる(しかも、ここでは同時にヴォーカルも)。彼女はこのとき、日本で最も上手く変拍子が叩ける10歳児であったにちがいありません。


 周りの大人も良い味です。とくにスタインバーガーの人が。たぶんこのなかにお父さんがいたりするんでしょうが、一言言わせていただくならば「娘さんを私にください」ということです。



D


 RUSH以外には、フランク・ザッパの「Black Page」の練習模様などがありました。原曲はテリー・ボジオが叩いてます(↓)。



D





0 件のコメント :

コメントを投稿