高橋雄介『クロールがきれいに泳げるようになる!』

4 件のコメント


 最近、スポーツ・ジムに行き始めたのは今月の頭ぐらいに食あたりになって(たぶん原因はお昼ご飯に家から持っていっていたおにぎりだろう……)体調を崩したせいで体重が3キロほど落ちてしまったせいである。元々痩せてるほうではあったのだが、頬はこけ、あばらが浮いた外見は、いかにも貧弱に見える。これでは男性の筋肉に性的な魅力を感じる、というタイプの女性に見向きもされないのは明らかだ。鍛えて体を大きくしなければ……そう思った。


 近所にあるジムにはマシン・ジムとプールがある。ジムの受付の人に聞いたら、どうやら同じ料金でジムもプール使えるとのこと。それならば、と思いガシガシとマシーンの重りを持ち上げたりするのと同時に水泳もはじめることにした。


 しかし、何年かぶりにプールに入ってみると自分が無様なほどに泳げないことに気がついたのである。周りではすいすいと休みなく泳いでいる人がいる脇で、私はといえば25メートルを往復するともう息が切れ、休憩が必要になる。折角、太もも全体を覆うタイプのカッコ良い水着を買ったのに、なんたる体たらくだ……その晩、私は家に戻りベッドのなかでひとり泣いた。「このままじゃ、筋肉好きな女性とこのベッドに入るなんて夢のまた夢だ……」と。



クロールがきれいに泳げるようになる!
高橋 雄介
高橋書店
売り上げランキング: 10917



 一晩が過ぎた。まだ、筋肉好き女性を諦め切れなかった私は、会社帰りにこの本を買った。ちょうど北島康介が金メダルを2つ取った直後だったせいか、平積みになっていて買うのが恥ずかしい感じのこの本を。書いたのは中央大学の水泳部を長年指導してきた先生だそうな。


 これはかなり面白い本だった。まず、著者の高橋先生は理工学部の先生らしく、ものすごく理詰めで「理想の泳ぎ方」を書いてくれている。しかもとても分かりやすい。水中において人はどのように水の抵抗を受けるのか、なぜ痩せている成人男性は水に浮きにくい(浮力だけの問題ではなくて、重心の問題らしい)のか。知らなかった知識が入ってくるので、私のような薀蓄大好き人間には読んでいるだけで楽しくなってくる。


 また、驚いたのはこの本に書かれた泳ぎ方と、私がプールサイドに置かれたベンチに座って「あの人、泳ぎ方綺麗だなぁ……」と惚れ惚れ眺めていたその姿がぴたりと一致していたことである。効率の良い泳ぎ方と美しい泳ぎ方は同じである、というこの理屈と美の整合性にちょっと感動してしまった。


 今後はこれをバイブルとして、仕事が早く終わったときにはすかさずプールに駆け込みたいと思っている。既にイメージだけは完璧だ!(童貞マインド)





4 件のコメント :

  1. 童貞でよかったです。

    返信削除
  2. 童貞でよかったです。

    返信削除
  3. 童貞でよかったです。

    返信削除
  4. 童貞でよかったです。

    返信削除