Napalm Death / Apex Predator-Easy Meat

0 件のコメント
Apex Predator-Easy Meat
Apex Predator-Easy Meat
posted with amazlet at 15.01.30
Napalm Death
Imports (2015-02-03)
売り上げランキング: 38,469
Napalm Deathの新譜を聴く。なんだか『Meat is Murder』的なタイトルである。実はアルバムをちゃんと買って聴くのはこれが初めてなんだけれど、アレっすね、グラインドコアだけれども、速くてデス声で「ブボワーッ」と叫んでドカドカいってるだけじゃなくて、実にNapalm Deathって深イイなあ、と思いました。

1曲目、いきなりチベットの山岳地帯にある寺院で毎朝聴ける声明みたいな、重くて地獄の底から聴こえてくるようなヴォーカルから始まって、うおお、と大変度肝を抜かれるんだけれども、それが速い曲じゃなくて、めちゃくちゃ重いんですよ。なんかEinstürzende Neubautenみたいなの。がっつりメタル・パーカッションとか工業機械を使っているわけじゃないんですけどね。でも、音の波形とか見ていったら、ほとんど同じなんじゃないか。

1曲目以降は、ザ・グラインドコアな楽曲が続きます。改めて聴いているとこれはやっぱりパンクの変種なんだなあ、と思った。めちゃくちゃスラッシーだし、ブラスト・ビートだし、表面的な部分は全然違うけど、メタルよりもメロコアのほうが距離的に近いし、親戚感があるなあ、と。

昨年の9月にロンドンのホテルで、BBCの「ブリティッシュ・ヘヴィ・メタルの歴史」みたいな番組をたまたま見ていたんだけれども、番組の締めの部分で「メタルはパンクにも影響を与えている。Motörheadは音楽的にはパンクに近い」とか言われてて「なるほどなあ」とか思ってたんだけど、今回、Napalm Death聴いてて、Motörhead → パンク → Napalm Deathみたいな系譜が頭のなかで描かれてしまった。

それにしても、こういうほとんどホワイトノイズに近くて、かつ、ビートのある音楽を聴きながら通勤していると、ほとんど外の音なんか聞こえなくなっちゃって、すごく通勤中に読んでいる本に集中できますね。また、音楽が止んだときに、異常に周囲がしん、として感じられたりして。

0 件のコメント :

コメントを投稿