平岡隆二 「イエズス会の日本布教戦略と宇宙論 好奇と理性、デウスの存在証明、パライソの場所」

0 件のコメント
平岡隆二さんの名前を初めて知ったのは『ミクロコスモス』に収録されている「画家コペルニクスと「宇宙のシンメトリア」の概念 ルネサンスの芸術理論と宇宙論のはざまで」という論文を読んでからでした。現在、平岡さんは長崎歴史文化博物館の主任研究員をされており、研究領域は「欧・日・中を中心とする東西交流の観点から見た科学と思想の歴史」とあります。最近になって南蛮芸術に興味を持ちはじめたのはこの研究業績に触れたからでもあります。本日は平岡さんの論文「イエズス会の日本布教戦略と宇宙論 好奇と理性、デウスの存在証明、パライソの場所」(書誌情報やダウンロードはこちら)を読んだのでそのご紹介(なお、さん付けで呼んでいますが面識はありません)。もうタイトルからして面白そうな雰囲気が漂っていてすごいですね。

十六世紀後半にイエズス会宣教師が来日し、熱心に布教をおこなったこと、その中心人物としてフランシスコ・ザビエルという人物がいたことは小学生でも知っている史実ですが、そのとき来日していたイエズス会宣教師たちが日本に西洋の宇宙論を輸入したこと、それが日本人が西洋の科学に出会う嚆矢となったことも重要です。この論文では、そこでイエズス会宣教師たちがなぜ日本に科学を持ち込んだのか、を詳細に見ていきます。

この論文が辿るポイントは、副題の「好奇と理性、デウスの存在証明、パライソの場所」に現れています。まず、日本人がそうした新しい知識に対して強い興味を抱く人びとだったことが遡上にあがってくる。海外から来たものをありがたがる風潮、これは十六世紀の日本でも同様だったのかもしれません。『日本史』という本を書いていることで有名なイエズス会宣教師、ルイス・フロイスは八十歳近い年老いたお坊さんが自分のところにきて、あれこれ話を聞いて帰ったという例を伝えている。この論文がとても面白く読めるのは、こうした事例がかなり詳しく紹介されている点です。そこでは当時の日本人の考えについても言及されている。

例えば月の満ち欠けについて、当時の日本人はどう考えていたか。当時の日本人は、月には三十人の羽衣を着た天女がおり、十五人は白衣、十五人は黒衣を着て、毎日入れ替わりせいで月に立っているのだ、と考えていたそうです。つまり、十五人全員が白衣の天女であればそれは満月、ということですね。すごいファンタジー。もちろん、それらは西洋の宇宙論からしたら鼻で笑うような考え方です。ただ、重要なのはすごいファンタジーの世界を反駁され、西洋の宇宙論を知った日本人がどういう反応を示したか、なのです。なんと当時の日本人は「え〜、なるほど〜」と理性をもって理解し、宣教師さまはすげえなあ、と感心していたのでした。だからこそ、よし、日本人は見込みがあるぞ! とイエズス会の人たちも思ったに違いありません。来日宣教師の重要人物のひとり、アレッサンドロ・ヴァリニャーノは来日以前に出会ったインドの人びとに対しては「一人残らず無知で、いかなる種類の人文諸学も自然科学もしらない」とdisっている。日本人は特別視されてたんですね。

では、どうしてイエズス会宣教師たちは宇宙論・天体論を日本に持ち込んだのでしょうか? 世界ふしぎ発見的な問いかけですけれども、そこにはちゃんとした意図があったのですね。ペドロ・ゴメスは日本にあった神学校、コレジオで学ぶ神学生たち向けに『天球論』という宇宙論の本を書いている。どうして宇宙論への理解が必要なのか、と言えば「可視世界の深い理解から、不可視的創造主への認識へと至らしめるため」でした。こうした宇宙への理解が、神への認識へと人びとを導き、これまでは好奇のまなざしで西洋の知識に取り組んでいた日本人が、本当の意味でキリスト教を理解するのを促進するであろう、と彼らは考えた、ということです。論文のなかでは、そこでイエズス会宣教師たちが用いたロジックにスコラ学や人文主義の影響があったことも確認されます。

最後の部分は当時のイエズス会宣教師たちが最高天(エンピレウム天)と天国(パライソ)を同一の場所であると説いたことに関する考察になります。ここでは当時の日本人イエズス会宣教師(!)不干斎ハビアンのパライソ論が参照されているのですが、ここが最高に面白い。大体、日本人イエズス会宣教師かつ元禅僧、かつその後は転向してキリシタン弾圧に協力したというハビアンのプロフィールからして興味深過ぎなのですが、ハビアンの説かれるパライソが実に理解が深いもので、しかも仏教で説かれる天国(極楽)との比較までついている。彼のパライソ理解には理性と信仰が結実したイエズス会の目論み通り感があるわけです。まず、そんな日本人がいたのか、というのが驚きでしたし、昔学研の歴史まんがで読んだような「武士が支配する社会は不平等だけど、宣教師さまたちは全員平等と言ってくれるダア〜」という素朴な日本人キリシタンの姿が揺さぶられるようなお話だと思いました。


不干斎ハビアン―神も仏も棄てた宗教者 (新潮選書)
釈 徹宗
新潮社
売り上げランキング: 205149

ハビアンについてはこんな本も出ているので、是非読んでみたいところ。

平岡さんの仕事はラテン語だけでなく、江戸時代の邦文やイエズス会宣教師が書いた日本語の文章も読みこなして使われていて、はっきり言って今の私にとってはそうした江戸時代の日本語よりもラテン語のほうが楽に読めるので「すげ〜、プロの学者だ〜」と驚嘆してしまうところ。南蛮関係のマージナルな面白さをできるだけ生の感覚で見せてくれるような面白さがあります。

0 件のコメント :

コメントを投稿