佐伯快勝 『仏像を読む』

0 件のコメント
仏像を読む (学研M文庫)
仏像を読む (学研M文庫)
posted with amazlet at 14.12.20
佐伯 快勝
学習研究社
売り上げランキング: 903,542
京都にある有名なお寺、浄瑠璃寺の住職、佐伯快勝による仏教入門書を読む。タイトルからすると、仏像を読み解くイコノグラフィーを期待してしまうのだが、そちらはメインではなかった。帯には「仏像鑑賞の画期的入門書!」とあるのに……。ともあれ、日本への仏教の伝来からその発展や、仏教のコスモロジーに関して簡潔に書かれているので、勉強になる。たまたま先日、祖父の七回忌があったのだけれども、そこでお坊さんが「三回忌、七回忌、十三回忌……と霊を守護する仏様は変わっていく」という話をしていた。忌日が来るたびに、霊的なステージがあがっていくマイレージみたいなこのシステムに関しても本書には詳述されていて「十三回忌になると、じいちゃんは大日如来のもとにいくことになるのか〜」とか思った。

0 件のコメント :

コメントを投稿