小栗虫太郎 『聖アレキセイ寺院の惨劇』

0 件のコメント
こないだ読んだ『あ・じゃ・ぱん!』の主人公は、小栗虫太郎の研究をやっていたという設定になっていて、それで彼の小説にも興味をもった。「名探偵・法水麟太郎」シリーズの一編だが、昔の小説界にはこういう小説もあって良かったのか、と感心する一編。ストーリー展開とかはあまりなくて、殺人事件の謎解きがメイン。序盤に誰が犯人かは示唆されていて、主人公の法水も犯人に目星はついている。そこであれこれ科学的な知識が披露されつつ、トリックが解明されていくのだが、まずこんなテキストは今では受け入れられないだろう……。

0 件のコメント :

コメントを投稿