ウリチパン郡『ジャイアント・クラブ』

0 件のコメント



ジャイアント・クラブ
ウリチパン郡
インディーズ・メーカー (2008-04-23)
売り上げランキング: 10316



 ウリチパン郡のセカンド・アルバムを聴く。驚くほどの大傑作アルバムである。大体、このユニットが4人編成のバンドに変貌していたことも知らなかったので、その事実だけでもびっくりだったのだが(しかもドラムが BOREDOMS!)、バンドになってからの「変態な音楽性がねじれすぎて、360度回転。結果、ポップなところに着地した」みたいな楽曲の変化がすさまじすぎる。しかし、しっかり根っこがねじれているところが面白い。とても新鮮。これはXTCを初めて聴いたときの「おー!なんだこれ!!変態なのに、むちゃくちゃにポップだ!!!」という驚きに似ているかもしれない。こんなに手垢がついてない感じで楽しく聴けるポップ・ミュージックは、ちょっと最近じゃ思い当たらない……。っていうか、もう「良い」としか言えないよ……。というわけで、彼らのMySpaceへのリンクを(聴いて驚いた方が良いですよね)。


 ウリチパン郡(MySpace)


 このアルバムのすごさは根幹にあるねじれによって、「エレクトロニカ」や「音響派」といった、名づけられたジャンルへとたどり着かないところにあると思ったりした。





0 件のコメント :

コメントを投稿