深夜3時の発見

1 件のコメント


PAP_0000


 タカノフーズの納豆のたれは、切り口にガイドがついているため「あ、切り口小さくしすぎた!」といって、しっかり狙いを定めてるにも関らずなんかピューッと納豆容器の外にたれを溢したり、白いシャツに染みを作るリスクが少ない。また、この配慮によってアメリカ社会などで消費者が起こすとんでもない訴訟――「切り口の適正な大きさについて説明がなかったため、3万ドルのペルシャ絨毯に染みがついてしまった。新しい絨毯の購入代金と被った精神的苦痛についての慰謝料(25万ドル)を原告は要求する」など――が起こるリスクをも軽減している。


PAP_0002


 司法試験制度が新しくなったことによって、日本にも今後アメリカ型の訴訟社会が到来する未来を見通したタカノフーズの慧眼には正直驚きの色を隠せない。





1 件のコメント :