再創造……?

3 件のコメント



アメリカで開発されたコンピュータ・ソフト「ZENPH(ゼンフ)」は、オーディオデータを読み込み、それがピアノであればキータッチや音量、ペダルの踏み込み加減まで、完全にデータ化出来るというソフトです。このソフトがあれば、古い時代のSPやLPの音源をデータ化し、MIDI対応のグランドピアノなどで再生することが出来るわけです。往年の巨匠達の演奏が、リマスタリングやリエディットではなく、“最新の録音”で楽しめるのです。


”Re-performance” 再創造されるグールドの『ゴールドベルク変奏曲』1955年盤 - HODGE’S PARROT



 もしもこの技術が普及することになったら、私はすぐさま灯油をもってHMV、タワーレコードへと駆け込み、「ZENPH」によって演奏されたアルバムの全てに火をつけなくてはならないだろう。レコード会社もこんなものにプロモーションの資金を投げ込むならば、現代の生きているピアニストへとスポットライトを当てるべきだ。この技術は、グレン・グールドというピアニストのゾンビを墓場から暴きたてるようなものでしかないように思う。


 楽譜を読み、そしてただ一つの解釈を生み出すという通常の演奏行為を拒否し、スタジオにこもって何バージョンかの録音を録って「良いもの」を選び出す作業に徹していたグールドにとって演奏行為とは「差異の戯れ」だったはずだ(だからこそ、グールドは真にピアノをplayしていたのだ)。そのグールドの演奏が「再演」されるようなものになるとはとんだお笑い草である。


 早々とこんな技術は粗大ゴミにでも出してしまった方が良い。ゾンビが弾いているバッハやベートーヴェンなんて誰が好んで聴くだろうか。





3 件のコメント :

  1. グールドはオリジナルって考えを否定したからライブをやめたんだと思います。生き生きとした現前というのは幻想で、完璧なゾンビがあればそれでいい。そう考えていたんじゃないでしょうか。デジタル録音にこだわってたし。だから、差異の戯れっていうより、反復との戯れじゃないかな。

    返信削除
  2. オリジナルという考えを否定した、というところには同意できますが「完璧なゾンビがあればそれでいい」とはいえないと思います。むしろ「完璧なゾンビ」というただ一つのものを目指していたわけではなく、グールドの録音方法は「無限に存在する解釈の銀河系を表していた」と思うのです(だからこそグールドはいくつかの曲を全く異なる解釈で再録音しているように思います。そしてここにグールドとマクルーハンを繋ぐキーが存在する)。
    映像記録でグールドが「この部分とこの部分をつなげられないかな」とエンジニアに指示を出すのをみると、そのような完璧な一つの演奏を構築しているように見えます。しかし一方では、いくつかのテンポが異なる演奏してみせ、「自分ではない誰かに好きなものを選ばせる」という構築の放棄をおこなっているわけです(『好きな演奏の選択がレコードの聴衆によってされればよい』という主旨の発言もグールドは行っていたはずです)。
    まぁ、ここで「グールドの意図」について何か言っても仕方がないのですが、あくまで私のグールド解釈はそのようなものである、という補足です(エントリが説明不足な気もしたので)。ひっかかってしまうのはそのように「オリジナルを否定したグールド」が再演されるべきオリジナルな対象物として祭り上げられている、という事態です。

    返信削除
  3. あ、すみません。コメントくださった、higyさん。どちらの方でしょうか……?

    返信削除