山本昭彦 『死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン』

0 件のコメント
死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン (講談社+α新書)
山本 昭彦
講談社
売り上げランキング: 71,339
先日読んだ田崎真也と田中康夫の本で「最初から最後までシャンパンで通すのはとてもエレガント」と書いてあって、そうか、そういうもんか、と思った。シャンパンは製法上、基本的にはヴィンテージ(収穫年)がない。いろんな年のぶどうを職人が混ぜ合わせたり、リキュールを足したりして、そのブランドの味を決める。ヴィンテージによる違いがないから、シャンパンは簡単だ、ともある。そうか、そういうもんか、とまた思った。この『死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン』を手に取ったのも、エレガントなのに、簡単だ、それ、良いじゃん、と思って興味を持ったから。

本書でもシャンパンは簡単とある。でも、全然ウソね。すげえ色々あるじゃんか。まず、ぶどうの種類、畑、そしてシャンパンにもヴィンテージがある(それは知ってたけど)。ひょっとすると普通のワインよりも、奥が深い世界なんじゃないの、と思った。あと、高い。ニューワールドの1000〜2000円のワインから美味しいものを探す遊びとは、全然敷居の高さが違う。高くなったよね、シャンパンも。世界的な需要が高まってるのとユーロ高で気が付いたら(おそらく誰でも知ってる)モエのブリュット・アンペリアルでさえ今、近所のカクヤスでも4000円ぐらいするし。わたしが学生時代(円高時代)なんか今のハーフの値段でフルボトルが買えた気がするのに。ちなみに、モエのブリュット・アンペリアルを本書は名前をあげずにかなりdisっています。

ただ、そういう複雑さも含めて面白い世界だな、とは思う。読んでも高いから飲めないのが苦しくなるが、超キザキザで高飛車な感じのする文体と内容で紹介されるシャンパンの世界、そして飲むときの作法なんか、ムカつくけど、カッコ良いじゃんか、と思う。たとえばこんな感じ。
「セレブ気分」という見出しにひかれて、大手新聞のワイン特集を読んだら苦笑させられた。
紹介されていたのはスペイン産スパークリング・ワインのカバ。泡立つワイン=セレブというのはさすがに乱暴すぎる。「セレブ」は日本ではかなり安い存在だが、さすがにカバを飲んでセレブは名乗れない。セレブがカバを飲んでさまになるのは、産地であるスペインのバルセロナ近郊にある、世界で最も予約のとれない3つ星レストラン「エル・ブジ」(閉店)くらいのものだ。
どうよ、これ!  著者自身、読売新聞の所属なのに同業者を鼻で笑う感じでこき下ろしている(この著者、これまでにBMW5シリーズが『軽く』1台は買えるぐらいシャンパンに金をつぎ込んだそうです。新聞屋さんってお金持ちなんだなあ)。

他にもカッコ良く(=コルクを抜くときに音を立てずに)シャンパンを開けるやり方なんかも「そんなテクニックを身につけてなんの意味があるのか。なんの意味もない」と書いている。つまり、なんの意味もないけど、それがカッコ良いってことなんだよ、と言うのだね。ムカつく、でも、そのムカつくところが良いし、最高じゃん、と思った。変に気軽なものとしてではなく、魔界的な奥深さを持ち、そして、シャンパン=カッコ良いし美味い、ということを圧倒的に伝える本だと思う。著者の情熱と知的欲求は本物で刺激を受けた。

日本の「夜のお店の世界」におけるシャンパンの話なんかも面白かったですね。ドンペリってクラブで頼むとそんなにお金かかるのか〜、とかね。


章ごとに著名人のシャンパンにまつわる名言集が載っているのだが、なかでもケインズの言葉がグッときた。「もっとシャンパンを飲んでおけばよかった」……ってねえ(なお、この言葉、死の床につく前の最後の言葉として伝えられているようですが、Quote Investigater(有名な言葉の元ネタを探すサイト)の調査によれば、違うらしい)。

以下、本書で言及されているシャンパンで、価格的に手が出せなくもないものの一覧。


アンドレ・クルエ シルバー・ブリュット・ナチュール 【正規品】 750ml
アンドレ・クルエ
売り上げランキング: 81,481

ジャクソン キュヴェ 737 白 750ml
ジャクソン
売り上げランキング: 52,747



アンリ・ジロー オマージュ・ア・フランソワ・エマール 白 750ml
アンリ・ジロー
売り上げランキング: 6,665

0 件のコメント :

コメントを投稿