E. H. Gombrich 『Gombrich on the Renaissance Volume 1: Norm and Form』

0 件のコメント
Gombrich On the Renaissance - Volume 1: Norm and Form
E.H. Gombrich
Phaidon Press
売り上げランキング: 97,725
ひとまず読み終える。後半は花粉症の薬を飲みながらの読書となって、ものすごく散漫な読書となってしまった。以下に残した読書メモへのリンクを。

雑に読んでいながらも、ルネサンス美術の見方が色々変わる本であるなあ、と思いながら読んだ。読書メモを残してはいないが、最後の方の短い論文「The Style all'antica: Imitation and Assimilation(「古代風」様式:模倣と同化)」とか、ルネサンスの芸術家がどのようにローマ時代の芸術をパクったのかをかなり細かく見て行っていて、大変興味深かった。まあ、露骨にパクっていたりするんである。それでダメだ、とは言わないんだけれども、ゴンブリッチは結構心配性で「模倣っていうのがなんの価値があるの? コンピューターが全部真似っこしちゃう時代が来るかもしれないじゃん!」とか書いてたりする。

0 件のコメント :

コメントを投稿