暑い、黒い、汗

0 件のコメント



アガルタ
アガルタ
posted with amazlet on 06.07.01
マイルス・デイヴィス ソニー・フォーチュン レジー・ルーカス ピート・コージ マイケル・ヘンダーソン ムトゥーメ アル・フォスター
ソニーミュージックエンタテインメント (2000/06/21)
売り上げランキング: 18,022


 朝、家を出るとき息を吸うだけでモゥッと来る湿気にやられつつ、最近は『アガルタ』ばかり聴いている。毎年この季節になると75年のマイルス・デイヴィス来日ライヴ音源、所謂「アガ/パン」を聴くのである。ネットリと絡みつくベース、ジュワーと放たれるオルガン、空間を裂くようなトランペット。まことに暑苦しい音楽だが、黒くて熱い音楽を聴かなければ脳まで冷房病になってしまいそうで…。首にまとわりつくネクタイを思わず引きちぎりたくなるほど過酷なコンクリート・ジャングルを70年代マイルスで乗り切りたい(デレレー、デレレ。ワカチャコワカチャコ。ジュワーン*1)。





 この時期のマイルス・バンドといえば、ピート・コージーのギターに焦点があてられることが多い。あのザラついた音色で、長々とソロを取られるとカッコ良すぎて頭がおかしくなりそうなぐらい私も好きだ。サックスはソニー・フォーチュン。彼の音色もなんかザラついてて、マイルスもワウ使いまくりの時期だからサウンド全体がディストーション化しているんだなぁ、と気がつくところ。





 ただ、忘れられがちなのがドラムのアル・フォスターという人。





 数々の大スター・プレイヤーが入ったり抜けたりしたマイルス・バンドだけれど、アル・フォスターは結構バンドに定着していた人で、実はマイルスとの競演歴が一番長かったりするんじゃないだろうか。体調を崩してマイルスが活動休止していた時期にも「大丈夫っすか?元気になるまで待ってるっす、オレ」とまるで忠犬ハチ公のようにマイルスに気を使っていたという(実際マイルス復帰後もバンドでドラム叩いてる)。良い人だ。確か74年だったと思うけれど、ベルリン公演を行った際のブート映像を見たことがあるけれど、変な帽子を被って、終止笑顔でシンバルを叩きまくる姿が非常に印象に残っている。黒い肌に、白い歯、飛び散る汗。メンバー全員、クスリをキメキメでステージに上がっていると思うんだけど、みんな気難しい顔をして演奏してるのに、アル・フォスターだけ爽やかな笑顔を浮かべていて心配だ。多幸感が抑えきれずにいたんだろうか。





 『PLAYBOY』誌でマイルス・デイヴィス特集組まれていたけれど、アル・フォスターの発言は無かった気がする。結構面白い話持ってると思うんだけどなぁ。




*1:『アガルタ』冒頭のオノマトペ





0 件のコメント :

コメントを投稿