集めてみましたエイドリアン・ブリュー動画

0 件のコメント


 80年代クリムゾンの動画などを観ていたら、現在もバンドでフロントマンを務め続けるエイドリアン・ブリューの動画がザクザク出てきたので大喜びで紹介してみます。ザッパ・バンド→デヴィッド・ボウイのツアー・バンド→トーキング・ヘッズ→キング・クリムゾンと70年代から80年代にかけてコアなロック・バンドを渡り歩き、日本のCMにも出演した変態ギタリストですが、ソロで作る曲は割とポップです。





http://www.youtube.com/watch?v=SFqbruiKJPs


 ↑が日本のCMに出演したときの映像。「ギターで動物と語る夢をみた男がいた……」、「エイドリアン・ブリューはギター一本でオーケストラを作ってしまった……」など大げさな語りっぷりが、景気が良い感じがしてとても笑える。





http://www.youtube.com/watch?v=M8jIItdTUks


 こちらはソロアルバム『Mr. Music Head』の一曲目、トリッキーなギターは控えめでちょっと同じ時期のジョージ・ハリスンにも通ずるAOR感。音色が独特。





http://www.youtube.com/watch?v=RFj-l7A6Kic


 同じアルバムから「1967」という曲の弾き語り。オオクワガタのように黒光りするドブロ・ギターを抱えて歌っています。優しいけど、ちょっとネジれた良い曲。





http://www.youtube.com/watch?v=gkoZtJPCiJw


 なにやらブート感に溢れた映像ですが、トーキング・ヘッズのライヴ。デヴィッド・バーンの後ろでノリノリで変態臭いギター・ソロを取っています。遠くからだとブライアン・イーノみたいに見えるな。痩せてて、ちょっとハゲ。





http://www.youtube.com/watch?v=ag3EtKFOsjU


 同じトーキング・ヘッズに参加しているときの映像ですが、これもヤバいなー。Remain In Lightから「Once In A Lifetime」。髪型が似たような感じで似たようなクネクネの動きなので、遠目にはデヴィッド・バーンとデヴィッド・ボウイの違いが「変な色のジャケットを着ているか着ていないか」でしか判別できない私ですが、これはキます。ゴリッゴリのベースの上で左翼っぽい歌詞。っつーか、ここまで黒いとは……。アフロな感じに気圧されて、ブリューもだいぶ地味。





http://www.youtube.com/watch?v=_F5QcxNVFr8


 これは珍しい。マイク・オールドフィールドとエイドリアン・ブリューの共演。この曲知らないんですけれど、良いですね。マイク・オールドフィールドと言えば『チューブラー・ベルズ』が有名で、ギタリストとしてはあまり語られることが少なすぎる人ですけれど、トラッドっぽい独特なクセがあるギタリストで結構好きです。この映像では、普通のソロをとってるけど。





http://www.youtube.com/watch?v=cou8XY9MSyo


 最近の映像でしょうか。エイドリアン・ブリュー・トリオでの演奏のようです。リズムを固めるプレイヤーの詳細が分からないけれど、この太めのロブ・ハルフォードみたいなベーシストが気になる。複雑なフレーズを弾きながら歌えるのがすごい。声がやや気持ち悪い。





http://www.youtube.com/watch?v=dRhyTYA-Zzo


 初ソロ・アルバム『Lone Rhino』から「ダサい!」の一言につきる一曲目「Big Electric Cat」。いくらブリューが好きでもこの曲はちょっと脱力しちゃうなぁ、というぐらいつかみどころのなさ。あんまり冴えないメロディのせいか、猫の鳴き声を模したギターもどこか悲しげです。













 最後は、現在の4人編成キング・クリムゾンでの映像で終わりたいと思います。肌着みたいなTシャツにスラックスで変態ギター・プレイかつ、歌うとき顔面変形、変なパーマ……とヴィジュアル面が面白すぎるんですが*1、音はヘヴィでカッコ良い。っつーか、若いよなぁ、音……。ロバート・フリップなんか今年還暦だっつーのに。ダサさも含めて大好き、キング・クリムゾン。変拍子のドラムン・ベース、ブレイク・ビーツっぽい打ち込み入っててるのに今ひとつ垢抜けない感じが……。




*1:Youtubeでは「このブリューはホームレスに見える。ちょっと心配です」とコメントされている





0 件のコメント :

コメントを投稿