トリップ・オブ・ジャンク

0 件のコメント



子猫が読む乱暴者日記
中原昌也
河出書房新社 (2006/02/04)



 結局私にとって中原昌也の小説を読む行為によって得られる快感は、ノーウェーヴとかジャンクとかの「ねぇ…これって音楽なの……?」と疑問符を投げかけられそうな音楽を聞いているときの快感と全く同じなのではないか、と思う。チューニングしてあるかどうかも不明なアート・リンゼイのギターがペギョギョギョ、ペギーン、バギバリと鳴っているのを聞いて「うひょー」とか言ってるのと、ものすごい現実感がない悪夢みたいな状況を告げる中原昌也を読んで「うひょー」とか言ってるのは全く同じだ。だからなんだ、って話なんだけど。世の中の生きづらさを感傷的に語る小説なんかよりずっと楽しく読める。無意味、万歳。





0 件のコメント :

コメントを投稿