それから、オランダ

0 件のコメント



Turn
Turn
posted with amazlet on 06.08.13
The Ex
Touch & Go (2004/09/14)
売り上げランキング: 76,292



 友人の家で一番絞りをゴクリゴクリと飲みつつ、ツェッペリンのサードを爆音で鳴らし「うむ…」「ふーむ…」などと頷く、という大変気持ちの悪い遊戯に興じる。ひとしきり聴いた後は、膨大なCDの山から適当に面白いものを聴き漁った。


 


 そこで引っかかったのがTHE EX。「オランダのFUGAZI」と呼ばれているバンドらしいがSONIC YOUTHと交流があるのだとか。聴いたアルバムはスティーヴ・アルビニのプロデュースでジャキジャキ感が堪らない。このあたりは動物的に反応してしまいます。演奏もやけに上手く、そのあたりが仲良しのSONIC YOUTHとは一線を画する。とにかくリズム隊がタイトで、かつ重量感がある(ウッド・ベース使っているせいで余計にヘヴィに感じる)。そのビート感にかなりきっちり乗って、ギターが掻き鳴らされてる。この感じ。ものすごい既知感あるなぁ……と思い起こしたのが、SKELETON CREW。曲とか音の質感がポスト・パンク/ハードコア然としているのに、演奏が上手すぎるせいでフレッド・フリス周辺とかレコメン系の人たちかと錯覚してしまった。実際、関係あるのかも知れない。ヨーロッパだし。





 オランダといえば…FOCUSばかりを思い出してしまうのだが、こういうバンドもあるのだなー、と感心した。文句なしにカッコ良くて、こういうの聴いてる人たちはズルいなぁ、とかうらやましく思います。公式サイトで音源DL化(こちら)。





0 件のコメント :

コメントを投稿