Henry Cow / Unrest

0 件のコメント
Unrest
Unrest
posted with amazlet at 12.11.04
Henry Cow
Rer (2005-06-21)
売り上げランキング: 131207
先日の金曜日の夜は、仙台からいい感じに気が違ったバンドやDJ陣が渋谷に襲来すると言うので久々にオールナイトのイベントにいったのだった。これにはニューウェーヴ番長であり、若手DJたちからも先生と呼ばれ慕われているtdさんもご出演されており、4年ぶりの再会、かつ、イベント前に聖地こと、天狗にてビア・ブラウンを飲んでブチあがり、必殺のサイコロ・ステーキを注文したら一番最初にでてきて「これはNumber Girlのライヴが『Omoide In My Head』から始まるような展開だ!」とブチあがり、Zazen Boysの新譜に収録されていた「ポテトサラダ」について話していたら、お通しがポテトサラダでまたブチあがり、テンションは成層圏を飛び出して、ラグランジュ・ポイントに固定された状態でイベントに突入し、大変痛快であった。ワイキキ・チャンピオンズのkamadaくんは相変わらずエクストリームな感じでバスドラに飛び乗ったり、なんか人間椅子と相対性理論を足して2で割ったようなモノ凄い異形感のあるバンドを見てしまったり、やはり途轍もないな、仙台、と恐れ入ってしまう。AOBA NU NOISE!

天狗でのブチあがりマッシヴな邂逅、っつーか、tdさんとはインターネットでの交流がメインであって、そういえば、一緒に座ってガッツリ飲む機会は実のところ初めてだったりしたのだけれども、炎上案件や陰謀論ばかりが蠢くように思えてならない昨今のインターネット世界において、こうして濃い感じで交流が持てるのは希有なことである、と思う。Twitterとか、ね、あれはあれで気軽な感じで良いのだけれども。音楽レビューを書いているブログがどんどん失われており、どんどんオールドタイプの側に追いやられているのかもしれないが、ガッツリと音楽について書き、そんでまた酒飲みながらそれについて話す、っていうのも、また音楽の愉しみで、そういう愉しみを共有できる人とのあいだにはマジで絆を感じちゃうわけですね。

さて、邂逅からの回顧モードになっており、Henry Cowの『Unrest』を聴いていた。今やインプロヴァイザーとしてのほうが知名度があるのかな? フレッド・フリスとクリス・カトラーは。いろんな意味でカンタベリー系の最左翼バンドが74年に出した大傑作アルバム。これを私は高校3年生のころに福島から東京に遊びにいって、新宿のディスク・ユニオン、プログレ館店内で流れているのを聴き「ぬぁんだ、これはぁぁあ!!」と衝撃を受けて購入したのだった(同時に、MAGMAの30周年ライヴ盤ボックスとかも買ってたハズ)。ある意味で、その後の人生を切り替えるような出会いであったわけだが、久しぶりに聴き直して、そのとき衝撃を受けた自分のセンスに賛辞を送りたい。

その後のHenry CowはSlapp Happyと合体したりして、3枚目からはそんなに好きじゃなく、このアルバムが私のなかでの最高傑作であったりする。とにかくアンサンブルの緊迫感がスゴいでしょう。コンポジションとインプロヴィゼーションのあいだの絶妙なバランスが、なんとも気持ち悪いですし、だが、そこが良い……。リンゼイ・クーパーのダークなリード楽器の音色といい、クリス・カトラーの異様に乾いた鋭いドラムといい、フレッド・フリスはMassacreのときのようなギターを弾いてもいるし、なんか最高だな、好きなもの全部入りじゃんか、もう辛抱たまらなくなってしまう。ちょっとこの雰囲気は、他になく、いわゆる「チェンバー・ロック」みたいなカテゴライズをされていても、他のUnivers Zeroとかとは全然違う、特別なサムシングがある。こういうものがまた廃盤になってるのかな? 中古でしか手に入れられないとは、なんとも嘆かわしい話。

0 件のコメント :

コメントを投稿