Pierre-Laurent Aimard / Debussy: Préludes Book 1 & 2

0 件のコメント
Preludes Books 1 & 2
Preludes Books 1 & 2
posted with amazlet at 12.11.24
C. Debussy
Ecm Records (2012-10-09)
売り上げランキング: 463
いつのまにかエマールの新譜がでていたのだった。昨年も『Liszt Project』というアルバムを出しており、こちらも買い逃している。しかも、去年も、今年も来日公演を聴き逃しているのでなんだかファン失格もいいところな体たらくぶりである。反省を踏まえて、ドビュッシーの《前奏曲集》を聴く。

まず、ビックリするのがリヴァーブの深さで。ライナー・ノーツによればスイスのArc en Scènes(リンク先PDF、仏語)のホールで録音したとあるけれど、これはちょっとどうなのかなあ、お風呂で弾いているみたいなんだけれども。最初の《デルフィの舞姫》は、音像が、ぼや〜、としていて霧に包まれた感が演出されているようである。ピアノとマイクの距離が関係していると思われるんだけれども、たしかにコンサート・ホールでライヴを聴いているときの音ってこんなもんかなぁ、とも思われるし、リアリティを追求するとこうなるのかなぁ。

演奏のほうは、さすがの切れ味が素晴らしかった。《アナカプリの丘》や《パックの踊り》で、音の粒が美しく揃って弾けるところなど、フェティッシュなレヴェルで好きですね。ゆっくりしたテンポの曲では、情感に流されないリリシズムを発揮されており、これも美しいのだった。来日公演、行きたかったな。

0 件のコメント :

コメントを投稿