ブーレーズは、ほんとにカッコイイんだから

0 件のコメント



D


 Youtubeにで聴けるピエール・ブーレーズの作品は↑の映像だけだった。詳細がよくわからないのだけれどRalph Lichtenstegerという人の映像作品らしい。BGMとして使われているのがブーレーズの《第二ピアノ・ソナタ》の第3楽章(演奏はマウリツィオ・ポリーニ)。



セリー主義
セリー主義
posted with amazlet on 06.11.09
アバド(クラウディオ) ポリーニ(マウリチオ) アンサンブル・アントン・ベーベルン ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 オムニバス(クラシック) ウィーン・ジュネス合唱団 ブーレーズ ノーノ シュトックハウゼン
ユニバーサルクラシック (1999/12/22)
売り上げランキング: 4814



 最近、ブーレーズのピアノ・ソナタ全集が発売されたけれども《第二ピアノ・ソナタ》に関してはポリーニの演奏が圧巻。刺さるような超絶技巧の嵐は、難しい理屈が分からなくとも動物的な反応として「カッコ良い」。ピアノによるスラッシュ・メタル。嘘だけど。





0 件のコメント :

コメントを投稿