音楽の化身、カルロス・クライバー

5 件のコメント



D


 素晴らしい動画が見つかったので、喜び勇んでご紹介いたします。カルロス・クライバー指揮/アムステルダム・ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団によるベートーヴェン交響曲第7番(第4楽章)の映像です。ワーグナーが「舞踏の聖化」と讃えたように、クラシック中最もダンサブルな曲の一つ(他にはストラヴィンスキーの《春の祭典》がノミネートされるでしょうか)ですが「音楽の化身」ことカルロス・クライバーはこの曲に同化するような指揮ぶりで聴くものを魅了してくれます。超エキサイティング。3:57あたりで指揮棒を完全に止めてしまう……という信じられないアクションもまたすごい(そのときのクライバーは天真爛漫な笑顔)。この映像はカール・ベーム追悼演奏会の模様でしょうか。



ベートーヴェン:交響曲第5&7番
クライバー(カルロス) ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 ベートーヴェン
ユニバーサルクラシック (2002/09/25)
売り上げランキング: 1,587



 ウィーン・フィルを振った録音も素晴らしい。はっきり言って「正統派」の演奏からは3光年ぐらい遠い解釈だけれど、こんなに辛気臭くないベートーヴェンは他に無いので大好きです。映像を観れば分かるように、本当に音楽を演奏する歓び(月並みな言葉ですが)というか、ポジティヴな力を発散しまくってる人で「天才!」としか言いようがありません。



D

 (こちらは同じコンビによるベートーヴェンの交響曲第4番の1楽章)「天才」と「変人」とは紙一重、むしろ才能があればあるほど奇行が多い音楽界。カルロス・クライバーにもそういったエピソードがたくさんあります。例えばセルジュ・チェリビダッケ*1に対して、とっくに死んでいる大昔の指揮者トスカニーニの偽名を使って抗議文を送り、その後天国のトスカニーニ対チェリビダッケの論争を新聞上で展開したり、気に食わないことがあったら速攻でコンサートをキャンセルしたりしています。「アイドル指揮者」のような存在になってからは極端にステージの回数を減らし、年に3回ぐらいしか舞台に立たないというひきこもりっぷりも発揮(それでも人気は不動)。


 カルロス・クライバーは、1999年の舞台を最後にして結局5年間「いつ、クライバーは戻ってくるのだ」とファンを待たせたまま2004年に亡くなりました。今になると「ああ、なんかシド・バレットみたいだな」とか思います。クレイジー・ダイモンド。



Brahms: Symphonie No. 4 / Carlos Kleiber, Wiener Philharmoniker
Johannes Brahms Carlos Kleiber Vienna Philharmonic Orchestra
Deutsche Grammophon (1998/05/12)
売り上げランキング: 17,742



 哀愁漂うブラームスもクライバーのタクトにかかれば、怒涛の情熱に変わります(ヴァイオリンがピッチカートからボウイングに切り替わるところのメロディが最高)。のだめカンタービレの千秋様もこういうタイプの指揮者だったほうが面白いのになぁ。




*1:指揮者。白髪鬼みたいな風貌。トスカニーニ、クレンペラー、ムラヴィンスキーと並ぶ「怖い指揮者」として有名





5 件のコメント :

  1. はじめまして。
    カルロス・クライバーの指揮、本当に歓びに満ち溢れていますね。
    すごいなぁ…。
    素晴らしいものを見させて頂きました、ご紹介ありがとうございました。

    返信削除
  2. ちなみにこの演奏はDVDにもなっています。DVDの良い画質で観ると終盤にカルロス・クライバーの額から飛び散った汗がセカンドバイオリンの人にかかっている……というのが確認できます。

    返信削除
  3. この映像は1983年10月にコンセルトヘボウを振った時のライブ録音で、Geheimagentさん指摘の通り、レーザーディスクから今はDVDになっています。ちなみにベーム追悼コンサートの録音といわれているのは、1982年5月3日にバイエルン国立管弦楽団(Bayerisches Staatsorchester バイエルン国立歌劇場のオーケストラ)のカール・ベーム追悼アカデミーコンサート(アカデミーコンサートというのはこのオケがオペラと関係なくオケとして行う演奏会シリーズの名称)を振ったときのライブ録音のことを指します。曲目はコンセルトヘボウのときと同じベートーヴェン4番と7番です。4番は名盤として夙に有名。最近発売された7番も素晴らしい!いづれもORFEOレーベルです。

    返信削除
  4. 訂正&補足ありがとうございます。この映像、ベーム追悼とは違うものでしたかー。ベーム追悼のほうはたしか他にブラームスも振っていましたよね?

    返信削除
  5. カール・ベーム追悼アカデミーコンサートで、ブラームスは振っていません。ブラームス(第4番)は、ベートーヴェン「コリオラン」序曲、モーツァルト第33番との組み合わせで、クライバーが晩年に(ベートーヴェン第4番、第7番の組み合わせとともに)好んで演奏したプログラムです。1994年6月のベルリン・フィルとの2回目(且つ最後)のコンサートに始まって、バイエルン国立管とは何回もこのプログラムを取り上げています。特に1996年10月21日のミュンヘン・ヘルクレスザールでのコンサート(*)は、名演としてDVDに残されています。クライバーはブラームス第4番終楽章パッサカリアの有名なフルートソロ部分だけでも15分かけて練習したようで、心に訴える素晴らしい演奏となっています。

    (*)この演奏会はドイツ・メディア王レオ・キルヒの70歳誕生日を記念したコンサートだったのですが、その後2002年にキルヒのメディア帝国は倒産してしまいました]

    返信削除